presented by
Menu
代表取締役社長代行

ヤン=クリスティアン・ドレーゼン

 ヤン=クリスティアン・ドレーゼンは、2013年2月にカール・ホプフナーの後継者としてFCバイエルンの取締役に就任した。1967年にオストフリースランド地方のアウリヒで生まれた2児の父であるドレーゼンは、銀行員として見習い研修を受けた後、大学で経済学を専攻、ヒュポ・フェルアインス・バンク(HypoVereinsbank)、UBS、バイエルンLBの各銀行で長年にわたり取締役として経験を積む。ドレーゼンは、FCバイエルンでは主に財務、総務、法務、人事を担当する。