presented by
Menu
会長

カール・ホプフナー

 産業企業の代表を務めていたカール・ホプフナーが1983年、社団法人FCバイエルンミュンヘンの代表取締役社長に就任。後に、Sport-Werbe株式会社の代表取締役社長にも歴任した。1952年8月28に生まれ、大学では経済学を専攻したホプフナー。2002年に会員メンバーの理事長を務め、2009年から2012年12月31日までは株式会社FCバイエルンミュンヘンの代表取締役副社長として財務、監査、チケット・会員サービス、内部サービス、法務、人事、対外的なビジネス対応に従事した。

 2012年11月15日にホプフナーは社団法人FCバイエルンミュンヘンの第一副会長に選出され、同時に株式会社の監査役会にも着任した。2014年5月2日以降は社団法人バイエルンミュンヘンの会長職に就任。さらに、社団法人FC Bayern Hilfeの会長にも選ばれた。

 ホプフナーが代表取締役社長、理事長、第一副会長として就任していた期間にバイエルンが獲得したタイトルの数は40を超え、そこには2001年と2013年のチャンピオンズリーグ制覇も含まれる。それに加えホプフナーは、DFL、DFBおよびUEFAクラブ委員会の役員も務めている。