presented by
Menu
会長

ウリ・ヘーネス

 ウリ・ヘーネスは、2016年11月25日(金)に行われた年次総会にて、カール・ホプフナーの後任として再び社団法人FCバイエルン・ミュンヘンの会長に選出された。ヘーネスは、2009年から2014年にも会長を務めていた。2014年3月に社団法人FCバイエルン・ミュンヘンの会長とFCバイエルン・ミュンヘン株式会社の監査役会会長を辞任した。

 30年間マネージャーとしてクラブに貢献してきたウリ・ヘーネスは、2009年11月27日にフランツ・ベッケンバウアーの後任としてクラブの会長に就任した。2010年3月、FCバイエルン・ミュンヘン株式会社の監査役会会長にも任命された。FCバイエルンの選手(1970年~1979年)としては、W杯優勝(1974年)、欧州選手権優勝(1972年)、インターコンチネンタルカップ優勝(1976年)、ヨーロピアン・チャンピオンズ・クラブズ・カップ(現CL)優勝(3回)、ブンデスリーガ優勝(3回)、DFBポカール優勝(1回)を経験し、1972年には、ミュンヘンオリンピックにも出場している。

 ヘーネスは、1952年1月5日ウルム生まれ。ブンデスリーガでは239試合に出場し(86ゴール)、1979年に若干27歳の若さでクラブのゼネラルマネージャーに就任した。2002年から2009年にかけて、ヘーネスはバイエルン・ミュンヘン株式会社の代表取締役社長代理を務め、プロチーム、育成チーム、スポンサー業、ライセンス業、スタジアム運営会社で責任者を務めた。

 マネージャーに就任した当初から、ウリ・ヘーネスはビジョンとアイディアでブンデスリーガの他クラブを圧倒する優れたリーダーであり、特に放映権やマーチャンダイジングに関する領域で力を発揮した。ヘーネスは、たくさんの個人的な賞も受賞した。年間最優秀マネージャーに何度も選ばれ、バイエルン州のスポーツ賞(2006年)、バンビ賞(2009年)、財団法人『子どものための結束』から勇気ある発言賞 (2010年)を受賞した。

 ヘーネスはマネージャー、取締役会会員、そして会長として、FCバイエルンの約50のタイトルに貢献。その中には、チャンピオンズリーグ優勝(2001年、2003年)、トヨタカップ優勝(2001年)クラブワールドカップ優勝(20013年)、UEFAカップ優勝(1996年)、ブンデスリーガ優勝(18回)、DFBポカール優勝(11回)が含まれる。