presented by
Menu
価値

イノベーション

 初期の段階から、FCBでは常に新たなアイデアが歓迎されてきた。1907年、バイエルンは、屋根付きの観戦席を提供するミュンヘンで初のチームだった。同じ年、クラブは当時は革新的だった、管理部門と執行部門の業務を分けた効果的な組織を作ったため、チームは100パーセントサッカーに集中することができた。ドイツサッカー界で最初の常勤のゼネラルマネージャーとなったバイエルンのロベルト・シュヴァンは、そのプロフェッショナルな手腕と先見の明で、チームを1960年代の欧州トップに導いた。シュヴァンは1979年春にウリ・へーネスにその座を譲り、ヘーネスはスポンサー制度と販売戦略でクラブを世界のリーダーに押し上げた。21世紀に入ると、カール=ハインツ・ルンメニゲがFCバイエルンのグローバルブランド化を牽引。また、TV放映権とクラブメディアにおける革新を加速させ、国際試合日程を改善するために他のパイオニアと協力した。クラブは着々と国際的な存在感を増し、国際化の一環として2014年にニューヨークオフィスを開設。続いて上海にも事務所が置かれた。FCバイエルンには将来的に、すべての分野をリードしたいと考えている。なぜならこのクラブには、現状に満足するという考えは存在しないからだ。

もっと読む

ロールモデル      財務責任