presented by
Menu
価値

責任

 成功を掴め、しかし、弱者のことも決して忘れるな。FCバイエルンは、この“模範的ビジネスマン”像を追求している。ボルシア・ドルトムントやアイントラハト・フランクフルト、FCザンクト・パウリなど、FCバイエルンに財政危機を救われたクラブは枚挙に暇がない。そしてFCバイエルンも、サッカーという枠を越えた社会に対する責任を認識しており、あらゆる方法でこれを果たしている。まさにこのため、クラブは2005年にチャリティー団体・社団法人FC  Bayern Hilfeを立ち上げた。この団体は、FCB会長カール・ホプフナーが会長を務め、代理議長カール=ハインツ・ルンメニゲとバイエルンのレジェンド・ウリ・へーネスもこれを支援している。FC  Bayern Hilfeは、自らの非なく困難に立たされている多くの人々に、社団法人Wings for handicappedLichtblick Hasenbergl財団Elterninitiative krebskranke Kinder(がんに冒された子供たちのための両親団体)などを通じて援助の手を差し伸べている。ウリ・へーネスは常日頃から、「成功したものは、弱い立場にいる人々を助けなければならない」と主張している。さらに、ドイツ王者バイエルンは、「気候のために行動し、気候を守るために力を合わせる」がモットーのバイエルン州気候同盟に加盟した。

もっと読む

伝統     リスペクト