presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 34
  • 4' Kingsley Coman
  • 53' David Alaba
  • 58' Renato Sanches
  • 72' Franck Ribéry
  • 79' Arjen Robben
FCバイエルン・ミュンヘン
5 : 1
(1:0)
アイントラハト・フランクフルト
  • 50' Sébastien Haller
  • 4' Kingsley Coman
  • 53' David Alaba
  • 58' Renato Sanches
  • 72' Franck Ribéry
  • 79' Arjen Robben
  • 50' Sébastien Haller
「闘志が伝わる」

リーグ決戦のフランクフルト戦に向けて準備を進めるバイエルン

Increase font size Text size

 今季最終節はアリアンツ・アレーナでこれまでになかったようなフィナーレになりそうだ。FCバイエルンはこの日行われるアイントラハト・フランクフルト戦で、2005年にオープンしたアリアンツ・アレーナで初めて優勝決定の瞬間を祝えるかもしれない。12回の優勝をアウェイの地で決めてきたバイエルンは5月18日(土)、ついにホームのファンの前で優勝するチャンスを手にすることとなった。

 ホームで行われるシーズン最終節を前に、ニコ・コヴァチは「過去数年に経験したことのないような素晴らしい応援が見られると確信している。闘志は下から上に向かってだけでなく、上から下にも伝わっていくものだし、それによってチームのモチベーションは更に上がるだろう」と、ファンのサポートを期待した。

 バイエルンは2位のボルシア・ドルトムントに2ポイントの勝点差をつけている上、得失点差もFCBの方が明らかに大きいため、フランクフルト戦で勝点1を獲得すれば優勝には事足りる。しかしバイエルンの誰もが、ファンの気持ちを盛り上げるためにもポイントを計算して引き分けで満足するのではなく、ブンデスリーガのホーム戦で連続11勝目を挙げて優勝を祝うつもりだ。カール=ハインツ・ルンメニゲは「ホームで勝利し、明確な形でリーグ優勝を決めたい」と述べた。

ニコ・コヴァチ
「90分にわたって勝利に向かってプレーする。我々にとって当然のプランだ」

 そのために、バイエルンはコヴァチが言うように「90分にわたって勝利に向かってプレーする」つもりだ。しかしそれは対戦相手のアイントラハトにも同じことが言えるだろう。コヴァチは「彼らには計算上チャンスがある一方で、下の順位のチームから受けるプレッシャーも大きい」と警戒する。現在リーグ6位のアイントラハトは、上手く行けば4位に浮上してチャンピオンズリーグ出場権を得ることができるが、不運に見舞われればヨーロッパリーグ出場を逃す可能性もあるのだ。

 アイントラハト監督のアディ・ヒュッターは、「基本的に8位になることは全く考えていない」と断言した。直近のブンデスリーガにて5試合連続で勝利を逃し、元バイエルン選手のセバスティアン・ローデ(膝の軟骨の負傷)を含む負傷者の問題に悩まされているものの、同監督は「国際大会でプレーするという我々の目標を達成できる」と信じている。5月初めにチェルシーFCに敗れ、惜しくも準決勝でヨーロッパリーグを敗退したアイントラハトは、来たるシーズンも今季と同じようにヨーロッパを舞台とする大会を経験したいと切望している。

アイントラハトはブンデスリーガで5試合連続勝利なし

 アイントラハトDFのマルティン・ヒンターエッガーは、「ヨーロッパ中を移動するのがどんなに素晴らしいか、僕たちは経験した」と今季を振り返るが、バイエルンがこのアイントラハトのヨーロッパ大会出場の夢に配慮などしないことは同選手もわかっている。同選手の予測を認めるかのように、レオン・ゴレツカは「僕たちはこれほど優勝に近づいているし、当然もう誰にも譲るつもりはない」と意気込んだ。しかしバイエルンは最終節にマヌエル・ノイアーとハメス・ロドリゲスが欠場することが既に決まっている。

 それでも、バイエルンがチームの願いを叶えるために全力で勝利を目指すことは変わりない。コヴァチは「我々は冬に、最終節に優勝を決めるチャンスを得ることを願っていた」と、首位のBVBに勝点差9で遅れを取っていた当時を思い返し、「今の我々はそのチャンスを手にしているし、それを活かしたい」と意気込んだ。そしてロベルト・レヴァンドフスキは「僕たちのファンの前で優勝を決めることを夢見ていた」と打ち明けた。その夢を、FCバイエルンは土曜日に叶えられるに違いない。