presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 32
  • 27' Robert Lewandowski
  • 40' Leon Goretzka
  • 84' Franck Ribéry
FCバイエルン・ミュンヘン
3 : 1
(2:0)
ハノーファー96
  • 51' Jonathas
  • 27' Robert Lewandowski
  • 40' Leon Goretzka
  • 84' Franck Ribéry
  • 51' Jonathas
バイエルン、ホームでハノーファーを迎え撃つ

本命に相応しい結果を出し、優勝争いで更にリード

Increase font size Text size

 リーグ首位対最下位:今までのデータを信じるなら、第32節のFCバイエルン対ハノーファー96戦(5月4日日本時間22時30分)がどのような結果になるかは明らかだ。約56年のブンデスリーガの歴史において、最下位のチームが1位のチームに勝利したのは1996年8月の一度だけ。当時最下位のデュッセルドルフが首位レヴァークーゼン相手に1-0のアウェイ戦勝利を収めた。

 しかしこのような計算はニコ・コヴァチにとっては何の意味も持たない。リーグ残留や優勝が懸かったシーズン終盤の試合では、常に驚くべきことが起こり得る。47歳のバイエルン監督は「どのチームも全ての力を解放する」と予測している。そのため、土曜日の試合は簡単にはいかないだろう。コヴァチは「その反対だ、難しくなるに違いない。なぜならハノーファーにとっては残留の最後のチャンスだからだ」と警戒した。

 だがどれほど骨の折れる試合になろうとも、首位バイエルンは本命に相応しい結果を出すつもりだ。フランク・リベリーは「僕たちは勝たなければならない」と断言した。ハノーファー戦に勝利すれば、バイエルンはその後(日本時間5日1時30分)にブレーメンで試合に臨む2位ボルシア・ドルトムントとの勝点差を5に広げ、BVBに対するプレッシャーを強めることができる。コヴァチは「しっかり集中している。選手たちは優勝を望んでいる、我々はそのために全てを懸ける」とチームの心境を打ち明けた。

 5月25日にRBライプツィヒ相手に行われるDFBポカール決勝も見据え、「全員が今一度チームのために力を振り絞ること、そして僕たちがあと4勝で2つのタイトルを獲得できることを一人ひとりが自覚すること」が重要だと考えるのはヨスア・キミッヒだ。そのためには、引き分けに終わった前節ニュルンベルク戦のような失敗は許されない。リベリーも「土曜日のハノーファー戦では前節に対するリアクションを示さなければならない」と意気込んだ。

 当然リベリーも、実際にピッチで自ら良いリアクションを示したいと考えているだろう。軽傷により直近の2試合に欠場した36歳の同選手は、チームメイトのアリエン・ロッベンと同様に状態が良く、試合に出場する準備ができている。ハノーファー戦での欠場が確定しているバイエルン選手は主将マヌエル・ノイアー(筋損傷)とハメス・ロドリゲス(筋肉系の問題)のみだ。

 対戦相手であるハノーファー96も土曜日の試合にキャプテンのマルヴィン・バカロルツ(イエローカード5枚で出場停止)が欠場することが決まっている。更にイーラス・ベブー(腱断裂)もアリアンツ・アレーナでの決戦に間に合わない可能性が高い。ハノーファー(勝点18)がバイエルンに勝てず、同時刻に行われる試合で16位のVfBシュトゥットガルト(同24)が勝点を獲得した場合、ハノーファーの降格が決定する。

 トーマス・ドルは「チームは成長しまとまっているし、サプライズを起こせると信じている」とリーグ残留の懸かった重要な試合を前に意気込みを述べた。同監督は自身のチームがアウェイで27試合勝利なしという不名誉な連続記録を、よりにもよってアリアンツ・アレーナでストップできるように祈らなければならない。53歳の同監督は「まだ可能なことを考える。他を考えるとブレーキがかかってしまう」と続けた。