presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 15
HDI-Arena, Hannover
ハノーファー96
0 : 4
(0:2)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 2' Joshua Kimmich
  • 29' David Alaba
  • 53' Serge Gnabry
  • 62' Robert Lewandowski
  • 2' Joshua Kimmich
  • 29' David Alaba
  • 53' Serge Gnabry
  • 62' Robert Lewandowski
「プレッシャーを維持する」

ハノーファーで年末のラストスパート開始

Increase font size Text size

 バイエルンが12月12日(水)のグループ首位突破を喜んでいられる時間は、それほど長くはなかった。それというのも、既に15日(土)にはブンデスリーガでハノーファー96とのアウェイ戦(現地時間15時30分、日本時間23時30分)が控えているからだ。ニコ・コヴァチは試合前日のプレストークにて、「今年のチャンピオンズリーグは終わった。あとはブンデスリーガで3試合。その最初はハノーファーでの試合だ、我々はこれに勝たなければならない」と、年末のラストスパートに向けて意欲を見せた。

 カール=ハインツ・ルンメニゲも監督と同じ意見だ。63歳のFCB代表取締役社長はアムステルダムでの祝宴で、既に「再び2位になるためには、勝点3が必要だ」と発言していた。バイエルンは現在ブンデスリーガ3位に位置し、2位ボルシア・メンヒェングラードバッハとは勝点2ポイント差、1位のドルトムントとは9ポイント差だ。コヴァチは「我々は遅れを取っている。プレッシャーを維持するために勝利しなければならない。この試合での勝利は義務だ」と、今一度強調した。

ロッベンにとって既にシーズン前半は終了

 しかし、残念ながら同監督は今年中にアリエン・ロッベンを再び起用することはできない。負傷により、シーズン前半は同選手にとって一足先に終了となってしまったためだ。アヤックス戦の影響で更なる離脱者が出るかどうかは、現時点でははっきりしていない。47歳のFCB指揮官は「軽傷を負った者がいるかどうかは、最終調整までわからない。その後に決断を下すことになる」と説明し、「今週3試合が予定されていることを考慮するつもりだ」と先発メンバーの変更を示唆した。

 コヴァチとチームはこの今年最後の3試合で満足のいく結果を出し、シーズン前半を成功と共に締めくくりたいところだ。リーグ戦の直近2試合で勝利を収め、「再び上向きになった傾向を維持したい」というFCB監督。次節の対戦相手ハノーファーは現在17位ではあるが、この試合も簡単にはいかないだろう。アウェイ戦とあっては尚更だ。「我々にとって難しい試合になるように、観客は全力でホームチームを応援するだろう。ハノーファーはとても速いストライカーを擁している。先週末は不運な形で勝点を落とした」と、コヴァチは説明した。

サプライズを狙うハノーファー

 まさにそのため、ハノーファーにも勝利の可能性が残されている。ハノーファー監督のアンドレ・ブライテンライターは「相手が誰であろうと、プレゼントするつもりなどない。我々には勝点が必要だ」と断言した。45歳の同監督はしかし、目前に迫った課題の難しさも十分承知している。だがブライテンライターは「バイエルンのパフォーマンスは再び安定してきた。それでも我々は、この試合に勝てると信じなければならない。ここホームでサプライズを成功させる可能性が、我々にはある」と語り、ドイツマイスターFCBとの対戦に向けて前向きな姿勢を崩さなかった。

 もちろんバイエルンは、そのサプライズを阻止するつもりだ。「そのためには、攻撃においても守備においても規律正しいプレーと、水曜日と同じようなメンタリティーと情熱が必要になる」とコヴァチは言う。そうすれば祝宴は続くだろう。たとえそれが次の試合までのわずかな間だったとしても。