presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 33
Allianz Arena, Munich
  • 15' Joshua Kimmich
  • 24' Robert Lewandowski
  • 37' Robert Lewandowski
FCバイエルン・ミュンヘン
3 : 1
(3:1)
SCフライブルク
  • 33' Lucas Höler
  • 15' Joshua Kimmich
  • 24' Robert Lewandowski
  • 37' Robert Lewandowski
  • 33' Lucas Höler
マッチリポート

3-1 ― フライブルク戦勝利でバイエルンが連勝記録を伸ばす

Increase font size Text size
  • 記録更新 ― 公式戦15連勝!
  • フライブルクと相性抜群のレヴァンドフスキがドッペルパック
  • GKはウルライヒ、エルナンデスがBL初アシスト

 FCバイエルンはブンデスリーガ8連覇シーズンを新たな連勝記録で飾った。リーグ優勝が確定してから1週間後、ハンジ・フリック率いるFCBはSCフライブルクとホームで対戦し、3-1(3-1)の勝利を収めた。これでバイエルンは公式戦15連勝となった。ドイツのプロサッカーにおいて、過去に公式戦でこれほど長く連勝しているチームはいない。

優勝が決まっても気を抜かない

 

 既にタイトル獲得が決まっているバイエルンだが、フライブルクとの試合でも全く手を抜くことはなく、開始直後から試合を支配しようとする。序盤にヨズア・キミッヒ(15分)が先制点を挙げると、それから10分以内にロベルト・レヴァンドフスキ(24分)が追加点を決め、早い時間に2点のリードを奪った。33分にはルーカス・ヘーラーにゴールを許して2-1となったが、バイエルンは落ち着きを失わず、37分にレヴァンドフスキがこの日2点目を決めて、ハーフタイムに入る前に2点差に戻した。後半に入るとテンポが落ちたが、最終的にFCBの順当なホーム戦勝利で試合は終わった。

この試合の重要なシーンを以下にまとめた:

FCバイエルン、ウルライヒをはじめ5人を変更

 アウェイで1-0の勝利を収めてドイツマイスターの座を確実にしたブレーメン戦から、フリックは5人の先発メンバーを変更した:スヴェン・ウルライヒが今季初出場を果たし、サープリート・シンが初めてプロチームのスターティングメンバーに加わった。その他、ハビ・マルティネスリュカ・エルナンデスミケール・キュイザンスが先発に復帰した。マヌエル・ノイアーキングスレイ・コマンはベンチスタートとなり、軽傷のダヴィド・アラバセルジュ・ニャブリは累積警告のアルフォンソ・デイヴィス同様にメンバーに入らなかった。

10分/13分:ボアテングとシンに最初のチャンス

 ホームのバイエルンは試合開始直後からゲームをコントロールし、フライブルクを自陣に寄せ付けない。そのためCBジェローム・ボアテングも積極的に前に出て、10分には鋭い左足シュートでゴールを狙ったが、GKアレクサンダー・シュヴォロフにセーブされる。その数分後にレヴァンドフスキのヘディングパスからシンがボレーシュートを放ったが、これはフライブルクDFのフィリップ・リエンハルトに頭でクリアされ、ゴール上へと外れた。

15分:キミッヒのゴールでFCB先制

 フライブルクのボックス内でプレスをかけられたレヴァンドフスキだが、ゴールを背にボールをキープし、キミッヒへとパスを送る。キミッヒはこの機会を逃すことなく、絶妙なコースでゴールを狙い、バイエルンに先制点をもたらした。

24分:レヴァンドフスキが追加点

 トーマス・ミュラーのパスを受けたレオン・ゴレツカが対戦相手のペナルティーエリアに切り込み、フィニッシュに持ち込んだ。このシュートはシュヴォロフにセーブされたが、レヴァンドフスキがこぼれ球を頭で叩き込んだ。

33分:ヘーラーが突然の同点ゴール

 バイエルンに2点リードされたフライブルクだが、上手く気持ちを切り換えると、この日最初のチャンスを得点に繋げた。ヨナタン・シュミットが近距離からシュートすると、ボールはゴール前でウルライヒの手からこぼれ、ヘーラーが誰にも邪魔されることなく改めてシュートした。

37分:レヴァンドフスキが再び2点差に戻す

 しかし昨季、そして今季のブンデスリーガ王者はこのまま終わらない。左サイドのエルナンデスのクロスを受けて、レヴァンドフスキ(37分)が今季33ゴール目を決めた。これでレヴァンドフスキは対フライブルク戦16試合で計17ゴールを奪ったことになる。またエルナンデスはブンデスリーガ初アシストを記録した。

後半:ハーフタイム後はテンポが落ちる

 後半に入ると、フライブルクが前半より高いパフォーマンスを出してバイエルンに対抗し、テンポも少し落ち着いた。後半最初の好機を作ったのはレヴァンドフスキ(58分)だ。ミュラーのクロスに頭で合わせた同ストライカーだが、ボールは枠外に飛んだ。73分にはミュラーが距離のある所からシュートを放つも、惜しくも紙一重で外れた。

85分:コマンのシュートはクロスバー直撃

 試合終了直前にコマン(85分)がミドルシュートを放つが、クロスバーに嫌われる。フリックは試合終盤に2人のユース選手を途中出場させる。84分にマルティネスと交代した20歳のクリス・リチャーズと88分にミュラーと交代した17歳のジャマル・ムシアラが、このフライブルク戦でブンデスリーガ・デビューを果たした。90+2分にはフライブルクのジョーカー、クォン・チャンフンがウルライヒと1対1になったが、バイエルンGKが見事なセービングで対戦相手の得点を妨げた。これによりフライブルクとのホーム戦は3-1のまま終了し、バイエルンが順当な勝利を収めた。

フライブルクとのホーム戦の写真はこちら:

FCバイエルン vs. SCフライブルク 3-1(3-1)

  • FCバイエルン

    ウルライヒ - パヴァール、マルティネス(84分リチャーズ)、ボアテング、エルナンデス - キミッヒ、ゴレツカ – キュイザンス(64分ツィルクツェー)、ミュラー(88分ムシアラ)、シン(64分コマン) – レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ノイアー、オドリオソラ、チョン、バティスタ=マイアー


  • SCフライブルク

    シュヴォロフ - シュミット、リエンハルト、ハインツ、ギュンター(87分アブラシ ) – サライ(46分クォン)、カイテル(64分フランツ)、ヘフラー、グリフォ(75分イッター) - ペーターゼン、ヘーラー(64分ヴァルトシュミット)


    Substitutions

    フレッケン、シュロッターベック、ボレロ


  • Referee

    ゾーレン・シュトルクス(ヴェーレン)


  • Goals

    1-0キミッヒ(15分)、2-0レヴァンドフスキ(24分)、2-1ヘーラー(33分)、3-1レヴァンドフスキ(37分)


  • Yellow cards

    - / -