presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 2
VELTINS-Arena, Gelsenkirchen
FCシャルケ04
0 : 3
(0:1)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 20' Robert Lewandowski
  • 50' Robert Lewandowski
  • 75' Robert Lewandowski
  • 20' Robert Lewandowski
  • 50' Robert Lewandowski
  • 75' Robert Lewandowski
3-0でシャルケに勝利

レヴァンドフスキの活躍でシーズン初勝利

Increase font size Text size
  • ロベルト・レヴァンドフスキがハットトリック
  • リュカ・エルナンデスが初先発入り
  • フィリペ・コウチーニョとイヴァン・ペリシッチがデビュー

 ゴールゲッター・レヴァンドフスキのおかげで、FCバイエルンはシーズン初勝利を挙げることができた。FCシャルケ04とアウェイで対戦した土曜日晩のトップゲームにて、レヴァンドフスキはハットトリックを決めてチームに勝利をもたらし、バイエルンをリーグ4位に押し上げた。VELTINSアレーナに集まった62,271人の観客の前で、FCBのストライカーは20分のPKを決めて先制すると、60分と75分にも追加点を挙げてバイエルンの勝利を完璧にした。

 チアゴが首の痛みを訴えたため、バイエルンは直前で同選手の起用を諦めることとなった。そのためシャルケ戦ではヨスア・キミッヒが同選手の穴を埋め、その結果ベンジャマン・パヴァールが右SBとしてプレーした。また、センターバックとしてリュカ・エルナンデスが先発デビューを果たした。その他の新加入選手であるフィリペ・コウチーニョ、イヴァン・ペリシッチ、ミケール・キュイザンスはベンチスタートとなった。

 バイエルンは冒頭から試合を支配するが、対戦相手のシャルケもよく耐え、FCBに苦戦を強いる。そのため最初の15分間はこれといったチャンスは見られなかった。しかしその後、バイエルンは攻撃の精度を高める。17分にはレヴァンドフスキがヘディングシュートを放つも、相手GKアレクサンダー・ニューベルにセーブされる。その3分後、キングスレイ・コマンがシャルケPA内で倒されてバイエルンがPKを獲得すると、これをレヴァンドフスキがゴール左下に突き刺し、チームに先制点をもたらした(20分)。

 リードを奪ったバイエルンは引き続きゲームをコントロールし、一時は80%のボール保持率を記録する。しかしなかなか得点の機会に恵まれない。ようやく43分にトリッソにビックチャンスが訪れるが、やや左から狙った同選手のシュートは惜しくもポスト横に外れる。一方でシャルケはオマール・マスカレル(29分)とアミーヌ・アリ(42分)のミドルシュート以外は特筆すべきシーンもなく、試合はバイエルンの1点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半に入って50分、レヴァドフスキがゴール20m手前からDFの壁を越える見事な直接FKを決めて点差を広げる。57分にはコウチーニョとペリシッチが途中出場し、バイエルン選手として試合デビューを果たした。後半の半ばにはシャルケが盛り返し、いくつか好機を作り出す。だが75分にレヴァンドフスキが3ゴール目を決めて止めを刺し、バイエルンの勝利を決定付けた。この勝利により、バイエルンはブンデスリーガでの対シャルケ連続無敗記録を18試合に伸ばした。

FCシャルケ04 vs. FCバイエルン 0-3(0-1)

  • FCシャルケ04

    ニューベル – ケニー、スタンブリ、ナスタシッチ、オツィプカ – マッケニー、マスカレル(59分サネ) – カリジュリ、アリ(85分メルジャン)、ラマン(51分クトゥチュ) – ブルクシュタラー


    Substitutions

    シューベルト、ブジェラブ、レーゼ


  • FCバイエルン

    ノイアー – パヴァール、ズーレ、エルナンデス(77分マルティネス)、アラバ – ミュラー(57分コウチーニョ)、キミッヒ、トリッソ – ニャブリ(57分ペリシッチ)、レヴァンドフスキ、コマン


    Substitutions

    ウルライヒ、キュイザンス、デイヴィス


  • Referee

    マルコ・フリッツ(コルプ)


  • Attendance

    62,271人(完売)


  • Goals

    0-1レヴァンドフスキ(20分/ PK)、0-2レヴァンドフスキ(50分)、0-3レヴァンドフスキ(75分)