presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 6
Benteler-Arena, Paderborn
  • 68' Kai Pröger
  • 84' Jamilu Collins
SCパーダーボルン07
2 : 3
(0:1)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 15' Serge Gnabry
  • 55' Philippe Coutinho
  • 79' Robert Lewandowski
  • 68' Kai Pröger
  • 84' Jamilu Collins
  • 15' Serge Gnabry
  • 55' Philippe Coutinho
  • 79' Robert Lewandowski
古代ローマ軍隊のように、コンパクトにプレーする必要がある」

アラバがパーダーボルン戦のメンバーリストに入る

Increase font size Text size

 現在FCバイエルンに高揚感漂う時間が流れ、今週のトレーニングでも良い雰囲気があった。ニコ・コヴァチは「我々は非常に集中して仕事を行っているが、笑顔を絶やしたいりしていないよ。良い相乗効果が友情関係を熟成させる。人が友好的な時はサポートを試みるものだ」と話した。同監督の発言によれば、それが今週土曜日に開催される敵地SCパーダーボルン戦で試合を決める要素になりえる。同昇格チームとの対戦からFCBは次週イングリッシュウィークに入り、8日間で3試合に挑む。fcbayern.comが同試合に関する情報を集めた。

スターティングポイント

 前節の試合はFCBにとって良い流れで進んだ。アリアンツ・アレーナで1.FCケルンを4-0で下したFCバイエルンは上位争いチームが勝点を取りこぼしたこともあり順位を上げた。コヴァチは今節の試合でも同じ試合内容を継続したいと望んでいる:「少なくとも来週末を終える時期に今の順位を保ちたいね – もしかしたら更に高い位置に登りたい」

対戦相手

 これまでの試合でSCパーダーボルン監督シュテフェン・バウムガルトのスタイルは明確に見ることが出来たはずだ。コヴァチは「彼が選手時代に体現したことを彼のチームで体現している。彼らはただボールを蹴るだけではなく、後ろから連携で試合を作りたいと望んでいる」と分析。既に今季リーグ戦で6ゴールを奪った同昇格チームだが反対に14失点を喫しており、現在は勝点1でリーグ最下位に沈んでいる。

メンバー状況

 今節は怪我で離脱しているレオン・ゴレツカ(大腿部手術後の基礎練習中)とフィーテ・アルプ(舟状骨骨折)に加えて、27日(金)にイヴァン・ペリシッチ(インフルエンザ)が出場不可となった。2週間前のRBライプツィヒ戦ウォーミングアップ中に筋損傷を負ったダヴィド・アラバは再びメンバーリスト入り。コヴァチには多くの選択肢があるが、来週火曜日のチャンピオンズリーグマッチ(トッテナム・ホットスパー戦)を視野に入れて戦うことは望んでいない。コヴァチは「次の試合に集中してはダメだ。今はパーダーボルン戦である」とコメント。

監督のコメント

ニコ・コヴァチ:「我々はリーグ最下位のチームと対戦することは分かっているが、それは何の意味を持たない。我々はどんな相手でも真剣に戦う。我々は大きな尊敬の念を持ってパーダーボルンに向かい、今節は勝利したい。我々は古代ローマ軍隊のように、コンパクトにプレーする必要がある。チームは準備万端だ。我々はこの簡単ではないハードルを飛び越えられると言えるよ」

シュテフェン・バウムガルト:「昨シーズンに我々が親善試合を依頼し、ほぼ“いいえ”と言うチームとの対戦を経て、昇格のチャンスを獲得した。間違いなく難しいタスクだ。しかし勝点3を得ることが焦点である。15時30分(現地時間)にキックオフしてスコアは0-0だ。そして90分後に試合結果を見ることになるよ」

同試合へのトップデータ

 大きさは違いとはならない。だがFCバイエルンにはパーダーボルンの住民数(約15万人)約2倍のメンバー会員29万人以上がいる。競技面でも両チームの功績は雲泥の差だ。SCパーダーボルンは今季クラブ史上2度目のブンデスリーガシーズンを迎えている。一方でFCバイエルンは1965年から一部から降格はしておらず、ブンデスリーガ発足時から2年間だけ同リーグ所属チャンスを逃した。両チームはこれまで公式戦4試合で顔を合わせ(リーグ戦、DFBポカール各2試合)、FCバイエルンが全4試合で白星を飾っている(得点21失点1)。

審判

 フェリックス・ツヴァイヤーが今週末の同試合で主審を担当する。同氏にとっては今季初めてFCバイエルン戦で笛を吹くことになる。副審はトールステン・シーフナーとラフェエル・フォルテン、第4審はダニエル・シュラーガー、VARはトビアス・シュティーラーが務める。