presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 11
Stadion an der Alten Försterei, Berlin
  • 4' Grischa Prömel
1. FCウニオン・ベルリン
1 : 1
(1:0)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 67' Robert Lewandowski
  • 4' Grischa Prömel
  • 67' Robert Lewandowski
マッチリポート

FCバイエルンがウニオン・ベルリンと引き分ける

Increase font size Text size
  • レヴァンドフスキがFCB選手としてブンデスリーガ通算200試合出場&175得点目
  • FCBは現在リーグ暫定首位

 FCバイエルンは12日(土)夜に今季ブンデスリーガ第11節1.FCウニオン・ベルリン戦(アウェイ)に臨んで、1-1(0-引き分けでアルテン・フェルステライを去ることになった。この結果FCバイエルンは暫定でリーグ首位に立っているが、明日バイエル・レヴァークーゼンが勝利すると首位の座を奪われてしまう。

レヴァンドフスキが試合を振り出しに戻す

 アルテン・フェルステライで開催された同試合でFCバイエルンは試合序盤いきなりグリシャ・プレーメル(4分)に先制点を許した。しかしFCBはしっかりと戦って66分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで同点に追いつく。だが試合終盤に全てを試みたFCBだが決勝点は奪えなった。

同試合の重要な場面を集めた:

レヴァンドフスキがFCBでブンデスリーガ通算200試合出場

今節ウニオン・ベルリン戦はロベルト・レヴァンドフスキにとって節目となる試合となった。同FW選手はFCバイエルン選手としてブンデスリーガ通算200試合出場を達成した。さらにレヴィーは通算175得点目を記録した。

4分 – プレーメルが先制ゴールを奪う

 FCバイエルンが序盤に失点。クリストファー・トリンメルの左コーナーキックからニアサイドでプレーメルが頭で合わせてゴール右隅に流し込んだ。その前のプレーでFCB主将マヌエル・ノイアーはタイウォ・アウォニイの絶好機を素晴らしい好セーブで防いだ。

22分 – アウォニイがFCBゴールを襲う

 速いカウンター攻撃からタイウォ・アウォニイが追加点のチャンスを迎えた。同FW選手はダヴィド・アラバを振り切って、シュートを放つがわずかにゴール枠外。

67分 – レヴァンドフスキが同点弾

 後半から調子を上げたFCバイエルンがスコアを1-1とした。キングスレイ・コマンが左サイドをドリブル突破してゴール近くまで進み、中央へマイナスのパスを送るとレヴァンドフスキが右足ダイレクトシュートでゴールを決めた。コマンは詳細データ集計を開始した2004-05シーズン以降では初のブンデスリーガ4試合連続アシストを達成したFCB選手となった。

89分 – ルーテがサネのヘディングシュートを止める

 惜しい!コマンのセンタリングから途中出場レロイ・サネがゴール前でヘディングシュート。しかしウニオンGKアンドレアス・ルーテが素早い反応のセーブでゴールを許さなかった。

ウニオン・ベルリン戦の写真ギャラリーはこちら:

1.FCウニオン・ベルリンvs. FCバイエルン1-1(1-0)

  • 1.FCウニオン・ベルリン

    ルーテ – トリンメル、フリードリッヒ、クノッヘ、C・レンツ – プレーメル、グリースベック(71分 リアション) – ベッカー、イングヴァルトセン(36分 トイヒャート)、ビュルター(71分 遠藤) –アウォニェ(90+1分 ゲントナー)


    Substitutions

    カリウス、ゴギア、マツェエフスキ、ギーセルマン


  • FCバイエルン

    ノイアー – パヴァール、ボアテング、アラバ、デイヴィス – ゴレツカ(76分 トリッソ)、 ムシアラ(63分 サネ) - ニャブリ(88分 チュポ=モティング)、ミュラー、コマン – レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ニューベル、コスタ、サール、エルナンデス、ロカ、リチャーズ


  • Referee

    バスティアン・ダンカート(ロストク)


  • Goals

    1-0 プレーメル(4分)、1-1 レヴァンドフスキ(67分)


  • Yellow cards

    クノッヘ、プレーメル、ベッカー / デイヴィス、ニャブリ