presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 14
Allianz Arena, Munich
  • 50' Joshua Kimmich
  • 56' Leroy Sané
  • 70' Niklas Süle
  • 76' Robert Lewandowski
  • 83' Robert Lewandowski
FCバイエルン・ミュンヘン
5 : 2
(0:2)
1.FSVマインツ05
  • 32' Jonathan Burkardt
  • 44' Alexander Hack
  • 50' Joshua Kimmich
  • 56' Leroy Sané
  • 70' Niklas Süle
  • 76' Robert Lewandowski
  • 83' Robert Lewandowski
  • 32' Jonathan Burkardt
  • 44' Alexander Hack
2021年ホーム初戦は5−2

マインツ相手に高いモラルを証明しバイエルンは首位を堅守

Increase font size Text size
  • 首位を堅守
  • 0−2のビハインドにも高いモラルを証明
  • キミッヒが膝の手術から復帰後初の先発出場

 新しい1年に向けて完璧なスタート!FCバイエルンは3日(日)の夜に高いモラルを発揮、2点のビハインドを覆し5−2(0-2)の勝利で2021年ホーム初戦を終えた。17位に位置するマインツ相手の勝利によりバイエルンは首位を堅守、クリスマス前の無敗記録を更に伸ばした:公式戦20試合でFCBは無敗を守っている。

バイエルンが猛追撃

 マインツは立ち上がりから果敢に挑み、試合は拮抗した展開をみせる。バイエルンがテンポを定めた試合時間30分過ぎ、ヨナタン・ブルカルト(32分)がアウェイチームに先制点をもたらした。ハーフタイム直前にはアレクサンダー・ハック(44分)が追加点を奪いFSVが2−0で試合をリード。だが怒り心頭でドレッシングルームを後にしたFCBがヨズア・キミッヒ(50分)、レロイ・サネ(55分)、ニクラス・ズーレ(70分)の得点、さらにロベルト・レヴァンドフスキのドッペルパック(76分/PK、83分)で5−2の逆転勝利を飾った。

 試合をハイライトで振り返る:

キミッヒが先発に復帰

 フリックはクリスマス前に2−1で制したバイエル04レヴァークーゼンとの頂上決戦から3つのポジションで選手を入れ替え本対戦に臨んだ:大腿部の負傷による休場を強いられたキングスレイ・コマン、またリュカ・エルナンデスニクラス・ズーレ(両選手共にベンチスタート)に代わり、ベンジャマン・パヴァールレロイ・サネヨズア・キミッヒが先発で出場。25歳の同ドイツ代表選手は膝の手術を経てボルシア・ドルトムントを3−2で下した第7節以来となる先発出場を果たした。

5-8分 – アリアンツ・アレーナで活力溢れる立ち上がりの攻防戦

 最初の好機を手にしたのはアウェイチームだった。5分、ブルカルトがマヌエル・ノイアー守るゴールへと迫るも、同GKは冷静さを保ちシュートをブロック。対するマインツゴール前ではGKのフィン・ダーメンがレヴァンドフスキ(6分)とサネ(8分)のチャンスを阻んだ。

32分 – ブルカルトの得点でマインツが先制

 

 試合時間30分を過ぎ、完全に試合の主導権を掌握したバイエルンだったが、効率性の欠如を罰せられる。コランタン・トリッソ(27分)とサネ(28分)が決定機を逸した後、ブルカルトが先制点を叩き込んだ。

44分 – ハックの追加点

 なんという悔しい失点!ビハインドにも一切意気消沈することなく反撃に転じたホームチームはレヴァンドフスキ(36分)が鋭い弾道のシュートを放つも、ダーメンがゴール右上隅から弾き出す。対するマインツはその後も冷酷にチャンスを活かし、FKからCBのハックが放ったヘディングシュートがゴールネットを揺らした。

50分 – キミッヒが1点を返す

 後半からキミッヒをSBから中盤へ上げた布陣が早々に功を奏する!25歳の同選手がニャブリへ上げたクロスが数タッチ後に再びゴール前へ放り込まれると、キミッヒがこのボールを至近距離からヘッドで押し込んだ。

55分 – サネの同点弾

 バイエルンが次なるゴールを奪うのに時間はかからなかった。サネがPA左隅からロベンを彷彿とされる動きでカットイン、18メートルの距離から抑え気味の弾道でボールをネットに突き刺した。

70分 – ズーレが逆転に成功

 

 ビデオアシスタントレフェリーによりレアンドロ・バレイロのオウンゴールがオフサイドの判定で無効(65分)となった70分、後半から出場したズーレが逆転弾を叩き込んだ。キミッヒのCKをミュラーがヘッドで落とした先に詰めていたCBが3−2のゴールを奪った。

76分 - レヴァンドフスキのPKで4−2

 

 74分、ニャブリがPA内でバレイロにファウルを受ける。PKをロベルト・レヴァンドフスキが左下隅へ決め4−2。だが苦いことに、ニャブリはこのファウルでピッチ下り代わってジャマル・ムシアラが出場した。

83分 - レヴァンドフスキのドッペルパック

 

 バイエルンの攻撃はこれで終わらなかった。トーマス・ミュラーのクロスをレヴァンドフスキ(83分)がボレーで沈め5−2と点差を広げた。

ホーム開催のマインツ戦のフォトギャラリー:

FCバイエルン vs. 1. FSV マインツ05 5-2(0-2)

  • FCバイエルン

    ノイアー - パヴァール(46分 ゴレツカ)、ボアテング(46分 ズーレ)、アラバ、デイヴィス - キミッヒ、トリッソ(88分 コスタ) - サネ、ミュラー(88分 チュポ=モティング)、ニャブリ(77分 ムシアラ) - レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ニューベル、エルナンデス、ダンタス、リチャーズ


  • 1. FSV マインツ05

    ダーメン - メウェネ(88分 パぺラ)、シン・ジュステ、ハック - フェルナンデス、ラッツァ、バレイロ、ブロシンスキ(80分 シュトゥーガー)- ボエティウス(71分 オニシウォ) - ブルカルト(80分 マテタ)、クアイソン(88分 サライ)


    Substitutions

    リーゼガング、ラヴァレー、ベル


  • Referee

    マルティン・シュミット(シュトゥットガルト)


  • Goals

    0-1 ブルカルト(32分)、0-2 ハック(44分)、1-2 キミッヒ(50分)、2-2 サネ(56分)、3-2 ズーレ(70分)、4-2 レヴァンドフスキ(76分/PK)、5-2 レヴァンドフスキ(83分)


  • Yellow cards

    ボアテング、アラバ / ボエティウス