presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 14
Allianz Arena, Munich
  • 50' Joshua Kimmich
  • 56' Leroy Sané
  • 70' Niklas Süle
  • 76' Robert Lewandowski
  • 83' Robert Lewandowski
FCバイエルン・ミュンヘン
5 : 2
(0:2)
1.FSVマインツ05
  • 32' Jonathan Burkardt
  • 44' Alexander Hack
  • 50' Joshua Kimmich
  • 56' Leroy Sané
  • 70' Niklas Süle
  • 76' Robert Lewandowski
  • 83' Robert Lewandowski
  • 32' Jonathan Burkardt
  • 44' Alexander Hack
「流れを維持したい」

前日リポート:2021年のスタートを飾るマインツ戦に向け「燃える」バイエルン

Increase font size Text size

 3日(日)ドイツ時間18時(日本時間4日2時)開催の1.FSVマインツ05とのブンデスリーガホーム戦でFCバイエルンは早々に2021年初戦を戦う。ハンジ・フリック監督指揮するチームはクリスマスにおよそ2週間の休暇を得たものの、バッテリーを充電する時間はあまりに限られていた:「休暇はとても良い影響を与えてくれたよ。もちろんトレーニングを続けなければならなかった、トレーニングプランがあったからね」と、キャプテンのマヌエル・ノイアーは説明し、チームメイト同様、既に試合への喜びも露わに続けた:「マインツ相手の最初の課題を楽しみにしているよ」

FCバイエルンの現在の状況

 バイエル04レヴァークーゼンとの天王山となった第13節を2−1で制しバイエルンはブンデスリーガ首位奪還に成功。

 FCBは12月中旬、バイエル04レヴァークーゼンとの首位攻防戦(2-1)に勝利し首位を奪還、19戦無敗という輝かしい記録を更新した。「僕らは絶え間なく好調を保っている」と2021年もチームメイトと共に同様の素晴らしいパフォーマンスを披露したいと望むノイアーは語り、「もちろんこれを維持していきたい」と続けた。この姿勢はここ数日間で「大きな喜び」と「高いクオリティ」に満ちたトレーニングを目にすることとなった監督にも確信を抱かせるに至った。「誰もがスタートに向け燃えている」とフリックはチームの士気を語った:「たとえ短いものだったとしても、重要な休暇だった」と55歳の同監督は続け「チームは2021年で良いスタートを切りたいと望み、今後に控える課題に喜びを見出している」と意欲をのぞかせた。

対戦相手 1. FSV マインツ05

 順位表17位に沈むマインツは新年に向けて新旧の顔ぶれを加えた人事を敢行:ユースチーム監督のヤン・シューベルトを暫定監督に据え、スポーツ取締役としてクリスティアン・ハイデルが4年ぶりにマインツへ帰還、前監督のマルティン・シュミットがスポーツディレクターに就任した。5試合連続(3敗2分)で白星がないマインツは、今季これまでクラブ史上最低となるシーズン(13試合で勝ち点6)をおくり、この流れを断ち切り1部残留を果たすことを至上命題に掲げている。だがFSVの目下の低迷は過小評価の理由にならないとトーマス・ミュラーは考えている:「結局のところそれぞれの対戦相手が現在置かれた状況は、僕らにとって関係がないことだ – そうではなくどう自分たちのパフォーマンスをピッチ上で発揮できるかについて僕らは考えねばならない。それが何よりも大事なことだ」と31歳の同選手は強調した。

人員状況

 フリックはレヴァークーゼン戦で左大腿部を負傷し現在は個別トレーニングを行っているキングスレイ・コマンをマインツ戦で欠く。またマルク・ロカも同監督によれば「筋肉に軽い問題を抱えメンバー入りはしない」見通しだ。加えてタンギ・ニアンズ(右大腿部の筋断裂)も休場。「それ以外の選手達は全員揃っている、我々は全選手の起用が可能だ」と同監督は陣容状況について言及 – 負傷休場を強いられていたブナ・サールハビ・マルティネス(左大腿部筋肉の負傷)、レオン・ゴレツカ(筋肉の負傷)が復帰、また新加入のチアゴ・ダンタスは年明けからブンデスリーガで出場が可能となり、現時点でメンバー候補となっている。

 マインツは膝の手術を受けたピエール・クンデ・マロンの長期離脱が確定している他、レヴィン・エズトゥナリが筋肉を痛めて未だ個別トレーニングの段階にとどまっている。また若手のニクラス・タウアー(筋肉の負傷)、パウル・ネーベル(足の炎症)の欠場も決定している。

 バイエルンの最終調整の様子を収めたフォトギャラリー:

監督コメント

ハンジ・フリック:「彼らがどのように戦うか予想するのは困難だ。我々は対戦相手を分析したが、DFBからの知り合いであるヤン・ジーベルトがどのようなアイデアをもたらすかいまだにはっきりと分かってはいない。通常、何一つ失うものがない状況下においては、相手にプレッシャーをかける戦術を用いる。それを彼は匂わせた。我々の準備はできており、同試合に入り込むかが重要になる。だが我々は自分の行いに注意する必要がある。勿論必要不可欠な敬意を抱いてはいるが、結局のところ我々がどうゲームに臨むかにかかっている」

ヤン・ジーベルト(1.FSVマインツ05 暫定監督 ):「我々は勇気を出して攻め上がるべきだ。積極的へ前に出て守れば、ゴール前でのチャンスも増える。我々にはワンチャンスがある、だがミュンヘン戦には様々な局面があることを知っている。守備のみに徹する局面があるだろう – それも一貫して。だが可能性がある局面もあるはずだ、それを活かしたい。我々はそのようにアプローチしていく」

 ホーム開催のマインツ戦に関する数字とデータ: