presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 21
Allianz Arena, Munich
  • 48' Robert Lewandowski
  • 57' Corentin Tolisso
  • 69' Alphonso Davies
FCバイエルン・ミュンヘン
3 : 3
(0:2)
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • 9' Michel Vlap
  • 37' Amos Pieper
  • 49' Christian Gebauer
  • 48' Robert Lewandowski
  • 57' Corentin Tolisso
  • 69' Alphonso Davies
  • 9' Michel Vlap
  • 37' Amos Pieper
  • 49' Christian Gebauer
アリアンツ・アレーナで3-3

FCBが強い士気を示してビーレフェルト戦を引き分けで終える

Increase font size Text size
  • 2度の2点ビハインドから同点に追いつく
  • レヴァンドフスキが今季リーグ戦25得点目
  • トリッソとデイヴィスが今季初得点

 FCバイエルンは15日(月)夜、ホームでのアルミリア・ビーレフェルト戦で2度の2点ビハインドの状況に直面したが、最終的に勇気あるパフォーマンスで3-3(0-2)の引き分けで試合を終えた。勝点1を獲得したFIFAクラブW杯優勝チームは第21節を終えてリーグ首位を保っており、2位RBライプツィヒとの勝点は5となった。

厳しい雪でもFCBは止まらず

 FIFAクラブW杯の疲労と多量の降雪という厳しい条件下でハンジ・フリックのチームは特に前半全く試合に入れていなかった。前半終了前にミヘル・フラップ(9分)とアモス・ピーパー(37分)に失点を喫した。後半開始直後にロベルト・レヴァンドフスキ(48分)が1点を取り返したが、ビーレフェルトは直ぐにクリスティアン・ゲバウアーが再び得点(49分)。それでもFCBは諦めず、試合を捨てることは望んでいなかった。コランタン・トリッソ(57分)がヘディング、アルフォンソ・デイヴィス(69分)がダイレクトシュートで得点を奪い、最終的に順当な勝点1獲得なった。

同試合の重要な場面をまとめた:

世界一のバッジをつけての初戦

 FCバイエルンはビーレフェルト戦で初めて新しいFIFA黄金バッジを胸につけてプレーした。同バッジは現在FCBがクラブ世界一であることを表している。FIFAクラブW杯決勝UANLティグレス戦から3日後、フリックは8名のプロ選手を欠いてビーレフェルト戦に臨む必要があったため、FCバイエルンアマチュアチームからアルミンド・ジープ、マキシミリアン・ツァイザーが初めてブンデスリーガマッチの試合メンバー入りを果たした。

9分 – ビーレフェルトが先制

 FCバイエルンは試合開始から力強くプレーして攻撃的にプレーしていた。しかしフリックのチームは予想外のビハインドの状況に陥る。スローインと一つのパスからフラップがボックス内でボールを受けた。そして同アルミニア今冬新加入選手がマヌエル・ノイアーも防げないシュートを放ってゴールを決めた。

26分 – 雪の影響で2度試合が中断

 試合開始から降雪量が多くなり、失点後さらに勢いが増した。結果的にオレンジ色のボールが使用され、ピッチ上に積もった雪の影響で連係プレーはほぼ不可能。主審がピッチ上のラインを認識できなくなり、2度ライン上の排雪作業をする必要があった。

37分 – バイエルンがプレッシャーを与えるがビーレフェルトが追加点

 しかしFCバイエルンが同失点で足止めることはなく、ショックを受けた印象を示さなかった。FCB選手たちは前線に進むが、ビーレフェルトGKが阻む。シュテファン・オルテガ・モレノがコランタン・トリッソ(27分)、エリック・マキシム・チュポ=モティング(32分)、レロイ・サネ(34分)のシュートをセーブ。反対サイドではアルミニアが一度のチャンスを冷静に決める:左コーナーキックからピーパーがヘディングで追加点を挙げた。

48分 – レヴァンドフスキが1点を取り返す

 後半開始から力強いプレーをしたFCバイエルンが直ぐにゴールを奪う。ダヴィド・アラバのロングパスをボックス内で胸トラップしたロベルト・レヴァンドフスキが右足でゴール左に蹴り込んだ。そのゴール場面直前にはサネがゴール右ポスト直撃のシュートを放っていた。

49分 – ビーレフェルトが失点直後に得点

 15日(月)のビーレフェルトはゴール前で冷静沈着だった。アンドレアス・フォーグルザマーが左サイドからグランダーのクロスをゴール前に供給し、そこに走り込んだ途中出場のゲバウアーが右足で押し込んだ。

57分 – トリッソがヘディングで1点差に縮める

 FCバイエルンは前線に全てを注ぎ、ゴールに結びつける。サネのアーリークロスをゴール前でトリッソが素晴らしいポジションニングからヘディングでゴールネットを揺らした。

69分 – デイヴィスのダイレクト弾丸シュートで同点

 FCバイエルンの勢いは常に増していった。右サイドからサネのクロスは一度クリアされたがボックス内にいたデイヴィスの目の前に転がった。同カナダ人はダイレクトで左足を振り抜き、弾丸シュートがゴール左に突き刺さってスコアは3-3となった - デイヴィスにとって今季初得点。

ホームのアルミニア・ビーレフェルト戦の全写真はこちら:

FCバイエルン vs. アルミニア・ビーレフェルト3-3(0-2)

  • FCバイエルン

    ノイアー – サール(58分キミッヒ)、ズーレ、エルナンデス、デイヴィス - トリッソ、アラバ- サネ、チュポ=モティングミュラー、コマン – レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ホフマン、パヴァール、ロカ、ダンタス、ムシアラ、ジープ、ツァイザー


  • Arminia Bielefeld

    オルテガ - ブルナー、ピーパー、ニルソン、ラウルセン - クンツェ(70分)、プリートル – 堂安(41分ゲバウアー)、フラップ(62分コルドバ)、フォーグルザマー(62分ゾイフェルト) – クロース(89分ファン・デル・ホールン)


    Substitutions

    リネア、奥川、デ・メディナ、ハルテル、シップロック


  • Referee

    フローリアン・バドシュトゥーブナー(ヴィンズバッハ)


  • Goals

    0-1 フラッペ(9分)、0-2 ピーパー(37分)、1-2 レヴァンドフスキ(48分)、1-3 ゲバウアー(49分)、2-3 トリッソ(57分)、3-3 デイヴィス(69分)


  • Yellow cards

    トリッソ / クンツェ