presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 3
Allianz Arena, Munich
  • 40' Robert Lewandowski
  • 52' Robert Lewandowski
  • 86' Robert Lewandowski
  • 90'+3 Robert Lewandowski
FCバイエルン・ミュンヘン
4 : 3
(1:0)
ヘルタBSC ベルリン
  • 60' Jhon Córdoba
  • 71' Matheus Cunha
  • 89' Jessic Ngankam
  • 40' Robert Lewandowski
  • 52' Robert Lewandowski
  • 86' Robert Lewandowski
  • 90'+3 Robert Lewandowski
  • 60' Jhon Córdoba
  • 71' Matheus Cunha
  • 89' Jessic Ngankam
代表ウィーク前の最後の公式戦

バイエルンは勝ち点3死守を宣言

Increase font size Text size

 FCバイエルンは4日(日)現地時間18時(日本時間5日1時)から、ホームでブンデスリーガ第3節のヘルタBSCベルリン戦に臨む。同対戦に関する事前情報を紹介する。

前提条件

 バイエルンはリーグ開幕から過の密日程が続く:国際Aマッチ期間を前にヘルタとの1戦で16日間で既に5試合を消化。3勝を挙げたバイエルンだが第2節には1–4でTSG1899 ホッフェンハイムに敗北を喫した – 今節同じ過ちを犯すわけにはいかないとハンジ・フリックは語気を強める:「敗戦はそれほど好きではない。とりわけホッフェンハイム戦の後はミュンヘンから勝ち点3ポイントを持ち帰らせないことが重要となる」と55歳の同監督は語った。

3日(土)に行われた最終調整のフォトギャラリー:

対戦相手

 FCバイエルン同様、開幕戦で勝利を収めたヘルタ(ブレーメンに4–1)もまた第2節で黒星を喫した。だがブルーノ・ラバディア監督は自信に満ちている。「チャンスが訪れればm、それを活かすつもりだし、活かさねばならない」と54歳の同監督は日曜日の勝ち点獲得に向けて展望を語った。ヘルタは他のブンデスリーガ所属チームが達成できなかったFCバイエルンとのリーグ直近7試合中5試合で得点を挙げている。フリックは「ヘルタは良い数字をここミュンヘンで残している。そのため開始1秒目から我々はピッチの上で完全に集中している必要がある」と警鐘を鳴らす。

人員状況

筋肉の負傷で欠場の可能性:キングスレイ・コマン

 ダヴィド・アラバレオン・ゴレツカはヘルタ戦へ間に合う見通しだが、キングスレイ・コマンの出場には黄信号が燈っている:3日(土)の記者会見においてフリックは「既にドルトムント戦で筋肉の問題を抱えており、明日までに間に合うかは様子を見る必要がある」と同選手の状態についてに言及。またミッドウィークに開催されたドルトムンと相手のDFLスーパーカップに引き続き同監督は負傷によりレロイ・サネ(膝の関節包負傷)、及びタンギ・ニアンズ(大腿部の負傷)の起用を断念。またフリックはコロナ検査未受診の為ミケール・キュイザンスがメンバー外になると語った。

 ヘルタではアルネ・マイヤー(内側靭帯損傷)とジャバイロ・ディルロスン(大腿部の問題)、マシュー・レッキー(首の問題)、カリム・レキク(大腿部筋肉の問題)の欠場が決定している。

監督コメント

ハンジ・フリック:「とりわけホッフェンハイム戦の後は、3ポイントを渡さないことが重要になる。それが目標だ。ヘルタは良いチームを擁し、とりわけ攻撃にこの上なく高いクオリティを有している。またここミュンヘンでの数字は悪くはない。そのためピッチの上で最初の1秒から完璧に集中している必要がある」

ブルーノ・ラバディア(ヘルタBSCベルリン監督):「バイエルンは確実にローテーションを行い、我々をベストメンバーで迎え撃つだろう。だが我々には明確なプランがあり、前回より巧くそれを実践するつもりでいる。我々もまた多少バイエルンの状態に左右されることは確実だが、我々にチャンスが訪れればそれを活かすつもりだし、活かさねばならない」

同対戦に関する特筆すべきデータ: