presented by
Search Fill-1
Menu
Bundesliga Matchday 19
Allianz Arena, Munich
  • 32' Jérôme Boateng
  • 43' Thomas Müller
  • 57' Robert Lewandowski
  • 63' Serge Gnabry
FCバイエルン・ミュンヘン
4 : 1
(2:1)
TSG1899ホッフェンハイム
  • 44' Andrej Kramaric
  • 32' Jérôme Boateng
  • 43' Thomas Müller
  • 57' Robert Lewandowski
  • 63' Serge Gnabry
  • 44' Andrej Kramaric
前日リポート

ホッフェンハイムとのホーム戦:前半戦の雪辱を果たしたいバイエルン

Increase font size Text size

 1位対11位!首位FCバイエルンはブンデスリーガ第19節、ホームのアリアンツ・アレーナでTSG 1899ホッフェンハイムと対戦する。キックオフは1月30日(土)現地時間15時30分(日本時間23時30分)だ。順位だけ見れば全く心配のいらない試合に思えるが、実際のところドイツマイスターFCBの目前に迫っているのは互角の戦いだ:ブンデスリーガで対戦した直近の9試合で、両チームはそれぞれ4勝挙げている ― この試合に関する重要なデータを以下に紹介する:

先週末にシャルケに4-0で勝利したことで、バイエルンはリーグ3連勝となった ヨズア・キミッヒはバイエルンの4得点中3得点をアシストした。

FCバイエルンの状況

 ハンジ・フリックと選手たちは、今季前半のTSG戦を忘れてはいない:バイエルンはこのアウェイ戦に1-4で敗れ、それ以外は極めて優れた戦績を残した2020年唯一の敗北を記録した。バイエルン監督は「ホッフェンハイムは前半戦で大変良い試合をしたし、ちょうど我々が少し疲れている時期に当たった」と前回の対戦を振り返ったが、今回は前回とは状況が違うと指摘し、先週末までの完璧なイングリッシュウィークに更なる勝利を添えられるとの意気込みを示した。「3試合連続で勝利した次は、ホッフェンハイムにも勝ちたい」と述べたフリックだが、その通りになればバイエルンは2位との勝点差を一時10ポイントに広げることができる ― 2位ライプツィヒは土曜日夜に3位のレヴァークーゼンと対戦する。

対戦相手TSG 1899ホッフェンハイム

 ホッフェンハイムは直近2試合に連勝して降格圏との差を広げ、現在は11位についている。TSG監督セバスティアン・ヘーネスは「勝点獲得は当然我々にとって良い。重要なのは我々の状況を安定させることだ」と説明した。同監督率いるチームは、今シーズンの前半に多くの負傷離脱者の穴を埋めなければならなかったが、現在特に守備面が安定している。ヨーロッパリーグに出場している同チームは開幕後15試合で常に失点を記録していたが、直近のリーグ戦では3試合連続でクリーンシートを達成している。ヘーネスは「基本的にポジティブな方向に進んでいる」と述べた。

元バイエルン・アマチュアチーム監督のセバスティアン・ヘーネスにとって、ミュンヘンへの帰還は特別なものだ。同監督のインタビューへ:

FCバイエルン対ホッフェンハイム戦前の人員状況

 フリックは試合前の記者会見で、ゴールキーパーのアレクサンダー・ニューベルが28日(木)に足首の靭帯を負傷し、「3~4週間離脱する見込み」であると報告した。更にレオン・ゴレツカハビ・マルティネスはコロナテストで陽性反応が出たためにホッフェンハイム戦に欠場する。筋肉系の問題でシャルケ戦に欠場したコランタン・トリッソと現在基礎トレーニングを行っているタンギ・ニアンズにとっては、今週土曜日の試合への出場は時期尚早と判断された。

 対戦相手のホッフェンハイムの人員状況も引き続き緊迫している。ヘーネスによると、「負傷中のベンヤミン・ヒュープナーとケヴィン・アクポグマ」はバイエルン戦も欠場となる。両選手に加えてライアン・セセニョンも「引き続き筋肉系の問題」があり、「週末のメンバーには入らない」。また、コンスタンティノス・スタフィリディスとデニス・ガイガーも長い離脱期間後の現在はまだ「この試合の選択肢にならない」と説明し、「ケヴィン・フォクト、フロリアン・グリリッチュ、ロベルト・スコフはまだわからない」と続けた。

レオン・ゴレツカとハビ・マルティネスはホッフェンハイム戦に欠場する:

監督コメント

ハンジ・フリック:「我々は良い準備ができている。ホッフェンハイムは前半戦で大変良い試合をしたし、ちょうど我々が少し疲れている時期に当たった。だがその時期はもう過ぎた。次は全く違う試合、ホーム戦だ。3試合連続で勝利した次は、ホッフェンハイムにも勝ちたい」

セバスティアン・ヘーネス(TSG 1899ホッフェンハイム監督):バイエルンは再び順位表の一番上に立っているし、勝点差7と2位との差も大きい ― 過去のように常に圧倒的なパフォーマンスではないにもかかわらず。当然FCBの最近の試合を見たが、対戦相手にも繰り返し逆転のチャンスがあった。そのようなシチュエーションを引き寄せるために集中する。更にミュンヘンでは、難しい時間帯を耐えて乗り越えられる能力が必要になる。今回の試合もそうなるだろう」

アリアンツ・アレーナで行われるホッフェンハイム相手のホーム戦について、その他に知っておくべきことはこちら: