presented by
Search Fill-1
Menu
Champions League Round of 16
Stamford Bridge, London
チェルシーFC
0 : 3
(0:0)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 51' Serge Gnabry
  • 54' Serge Gnabry
  • 76' Robert Lewandowski
  • 51' Serge Gnabry
  • 54' Serge Gnabry
  • 76' Robert Lewandowski
チャンピオンズリーグ前日リポート

「絶好調」― 貪欲なバイエルンがチェルシーを迎え撃つ

Increase font size Text size

 ついにチャンピオンズリーグが再開する!FCバイエルンは8月8日(土)現地時間21時(日本時間9日4時)に行われるラウンド16・2ndレグで、ホームのアリアンツ・アレーナにチェルシーFCを迎える。スタンフォード・ブリッジで3-0で勝利した1stレグからほぼ半年後、バイエルンはついにリスボンで開催される決勝トーナメントへの進出を確定させるつもりだ。主将マヌエル・ノイアーは「僕たちは絶好調だと感じている。良い仕事をして、良い準備ができた」と自信をのぞかせた。fcbayern.comがロンドンからのゲストとの対戦について知っておくべきことをまとめた。

FCバイエルンの状況

 2月末の1stレグで素晴らしいパフォーマンスを出したおかげで、この対戦を前に優位に立つのはバイエルンだ。3-0の勝利で得たリードを背に、準々決勝進出のチャンスは大きいといえる。CLの歴史もFCBの優位を示している:CL史上、アウェイで行われた1stレグで3点差で勝利したチームが敗退したことは一度もないのだ。しかしバイエルンが最後に公式戦を行ってから約5週間が経っているのに対して、チェルシーは先週土曜日に試合を行ったばかりだ。リスボンでの決勝トーナメント出場権を獲得するために、バイエルンは休養期間前の卓越したパフォーマンスをこの試合でも出すことが求められる。

チェルシー戦前日のバイエルンのベストショットはこちら👇

対戦相手チェルシーFC

 “ブルーズ”の最近の調子は良い。フランク・ランパードが監督を務めるチェルシーはプレミアリーグを4位で終え、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場を決めた。FCB監督ハンジ・フリックは、「彼らのことはとても気に入っている、それはどのようなサッカーをするかという点においてもだ」と7日(金)の記者会見で語った。チェルシーはFAカップで決勝進出も果たしたが、先週土曜日の決勝でローカルライバルのアーセナルFCに1-2で敗れた。フリックはラウンド16・2ndレグ前の状況について、「もしも私が対戦相手の側にいるならば、何も失う物はないと考え、改めて全力を尽くして挑むだろう。チェルシーもまさにそのような姿勢で臨むと予想している」と述べた。

対戦相手について詳しくまとめた記事はこちら:

人員状況

 バイエルン監督フリックは金曜日、「キングスレイ・コマンは出場しない」と報告し、「イヴァン・ペリシッチフィリペ・コウチーニョは、我々にとってこのポジションにおけるオプションになる」と続けた。コマンの他にはベンジャマン・パヴァールの欠場も決まっている。同フランス人選手はおよそ2週間前に左足足根骨の靭帯を損傷した。

 対するチェルシーFCは、人員的に多くの問題を抱えたままFCバイエルンとの一戦に臨むことになる。ジョルジーニョとマルコス・アロンソは累積警告で出場停止となり、負傷中のクリスティアン・プリシッチ、セサル・アスピリクエタ、ペドロ、ウィリアンと合わせて6人の選手の欠場が決定している。監督ランバートはその代わり、ルーベン・ロフタス=チークとエンゴロ・カンテを再び起用することができる。「彼らはメンバーに入るし、先発できるほどコンディションも良い」と、ランバートは7日夜の記者会見で打ち明けた。

監督のコメント

ハンジ・フリック:「チェルシーはリーグ再開後素晴らしいパフォーマンスを見せている。重要なことは、我々が必要なリスペクトを抱きながらも、自信をもって試合に臨み、自分たちの強みを意識することだ。自分たちの理想的なパフォーマンスを引き出し、全ての試合に勝ちたいと考えている」

フランク・ランパード(チェルシーFC監督):「疑う余地なく大変大きな課題であり、極めて難しい試合になるだろう。我々には特別なことを成し遂げる可能性がある。この考えのもとで試合に臨み、全てを尽くして、自信と共にプレーしなければならない」

チャンピオンズリーグ再始動に向けて、ヘルベルト・ハイナー、ハサン・サリハミジッチ、オリヴァー・カーンがその考えを表した:

主審はオヴィデュ・ハジェガン

 ラウンド16・2ndレグのFCバイエルン対チェルシーFC戦の主審を務めるのはオヴィデュ・ハジェガンだ。ルーマニア出身の同氏は、バイエルの良い思い出と結びついている。同氏がFCBの試合を担当するのはこれで3回目だが、過去の2試合はFCBが大勝(対OSCリール戦6-1、対ベシクタシュJK戦5-0)しているのだ。副審はオクタヴィアン・ショーヴレとセバスティアン・ゲオルゲ、第4審はラドゥ・ペトレスク。VARはイタリア人のマッシミリアーノ・イッラーティが担当する。

ユニフォーム

 FCバイエルンは上下とも赤のユニフォームでプレーする。GKはグレーのユニフォームだ。対するチェルシーはクラシックに青いユニフォームでピッチに立つ。GKユニフォームは緑だ。