presented by
Search Fill-1
Menu
Champions League Semi-finals
Estádio José Alvalade, Lisbon
オリンピック・リヨン
0 : 3
(0:2)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 18' Serge Gnabry
  • 33' Serge Gnabry
  • 88' Robert Lewandowski
  • 18' Serge Gnabry
  • 33' Serge Gnabry
  • 88' Robert Lewandowski
「100%未満なら足りない」

決勝進出目前!FCBがリヨン戦を迎える

Increase font size Text size

 FCバイエルンは現地時間19日(水)21時から今季チャンピオンズリーグ決勝進出を懸けた大一番を迎える。リスボンのエスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデでFCBは準決勝オリンピック・リヨン戦に挑む。18日(火)の記者会見でセルジュ・ニャブリが「チーム内とその周りの精神状態は非常に良い。リヨン戦ではFCババルセロナ線同様に試合開始から全力で自分たちの試合をする必要がある」と述べた。fcbayern.comが同フランスチームとのゲームに関する全情報を紹介する。

FCバイエルンの状況

大きな目標に向けて完全なる集中 - FCバイエルンの最終調整。

 先週金曜日はFCBファン全員にとって輝かしい夜だった。信じがたいことに、FCバイエルンは欧州サッカー界で最も重要な大会の準々決勝でFCバルセロナを8-2で粉砕した。同試合はFCバイエルンの信じられない連勝記録の中で暫定的なハイライトとなった。これでFCバイエルンは公式戦19連勝、ハンジ・フリック監督のチームは28戦無敗、最後に黒星を喫したのは8ヶ月以上前。これを踏まえてFCバイエルンは大きな自信を持ってリヨンとの準決勝に臨む。

リヨン戦前日のFCバイエルンの様子 👇

対戦相手オリンピック・リヨン

 オリンピック・リヨンの今季リーグ・アンでの成績は複雑な気持ちが混じった。ルディ・ガルシア監督率いる同チームはコロナ感染拡大のため、今季リーグ戦は打切りとなり7位で終了した。リーグカップ(1-5で準決勝敗退)とクープ・デ・フランス(5-6、PK戦の末に準優勝)ではパリ・サン=ジェルマンに敗北。しかしチャンピオンズリーグではより確固たる結果を残している。グループステージでは1位RBライプツィヒに次いで突破を果たし、決勝トーナメントではサプライズを演出。まずユヴェントス、そして先週土曜日はマンチェスター・シティを3-1で倒した。記者会見でFCB監督ハンジ・フリックは「彼らは確実に良い状態だ。守備はコンパクトで攻撃時にも多くのクオリティーがある。我々は決勝に進みたい、そのためにもリヨンを叩く必要がある – それが簡単ではないことは知っている」と語った。

準決勝の対戦相手オリンピック・リヨンの全情報:

人員状況

 最終調整前の記者会見でフリックは「全27名が起用可能だ」と述べた。先週木曜日にチャンピオンズリーグ・ファイナルステージのためにリスボンにやって来たベンジャマン・パヴァールに関して、同FCB監督は18日(火)の練習まで待ちたいと望んでいた。フリックは「彼がここにいて我々は嬉しい。先発メンバーの選択肢には入らないが、明日の試合のチームメンバーには入る」と明言した。

監督のコメント

ハンジ・フリック:「私はチームにとても夢中になっている。我々には非常に良い雰囲気と練習での極めて高いクオリティーがある。それがチームに自信を与える。私はリラックスしているよ、チームは大変集中しているし、大きな目標を持っていることを知っているからね。明日の試合はゼロから始まる。バルセロナ戦同様に集中して仕事を行う必要があるよ。100%未満なら足りない。我々には解決法があり、それをうまく実行できることを願う」

オリンピック・リヨン監督ルディ・ガルシア:「誰と対戦するか分かっている。彼らに短所はないが、完璧なチームは存在しない。もし我々が自分たちの試合、連係でのボールポゼッションを体現すれば、何かを成し遂げられるだろう。守備だけが重要ではない。自分たちを信じる必要があり、FCバイエルンに問題を起こさせることは知っているよ。我々は本命のチームではないが、決勝に進む可能性はある。それを達成したい」

リヨン戦前に主将マヌエル・ノイアーと対談した。インタビューはこちら:

主審はマテウ・ラホス

 同準決勝FCバイエルン対リヨン戦の主審を担当する43歳のマテウ・ラホスはチャンピオンズリーグのFCB戦で既に主審を務めている:2018年9月中旬のリスボンで開催されたチャンピオンズリーグ・グループステージ対ベンフィカ戦(2-0)。加えて2013年のヴィクトリア・ピルセン戦(1-0)と2017年のパリ・サン=ジェルマン戦(0-3)。