presented by
Search Fill-1
Menu
Champions League Matchday 2
Tottenham Hotspur Stadium, London
  • 12' Son Heung-Min
  • 61' Harry Kane
トッテナム・ホットスパー
2 : 7
(1:2)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 15' Joshua Kimmich
  • 45' Robert Lewandowski
  • 53' Serge Gnabry
  • 55' Serge Gnabry
  • 83' Serge Gnabry
  • 87' Robert Lewandowski
  • 88' Serge Gnabry
  • 12' Son Heung-Min
  • 61' Harry Kane
  • 15' Joshua Kimmich
  • 45' Robert Lewandowski
  • 53' Serge Gnabry
  • 55' Serge Gnabry
  • 83' Serge Gnabry
  • 87' Robert Lewandowski
  • 88' Serge Gnabry
「間違いなく真価を問われる試合になるだろう」

FCBが大きな期待を持ってトッテナム戦へ挑む

Increase font size Text size

 10月1日(火)夜、FCバイエルンは公式戦で初めてトッテナム・ホットスパーと対戦する。過去数年間、同ロンドンチームの本拠地は再建設され、今年3月にオープンした。新ホワイト・ハート・レーンを楽しみにしているカール・ハインツ・ルンメニゲは「スタジアムがどんな感じなのか少し好奇心があるよ」と話した。

 新しい同スタジアムだけではなく、明日は非常に面白いゲームになるはずだ。昨季チャンピオンズリーグ決勝に辿り着いたスパーズだったが、FCリヴァプールに敗北した。FCバイエルンSDハサン・サリハミジッチは「同ヨーロッパステージの中で大きな一夜となるね」と期待感を表情に出して話した。fcbayern.com が同試合に関する最重要なデータを紹介する。

スターティングポイント

今季チャンピオンズリーグ初戦はFCバイエルンにとって理想的な試合運びとなった。2週間前、FCBはアリアンツ・アレーナでレッドスター・ベオグラードを圧倒して3-0の勝利を収めた。しかしグループB内でおそらく最も強い対戦チームであるトッテナムがFCバイエルンを待ち構えている。ルンメニゲは「間違いなく我々にとって難しい真価を問われる試合になるだろう」と述べた。だがFCバイエルンの目標は明白だ:「我々は絶対に勝点3を取りたい。勝利すれば、良いポジションでFCオリンピアコスとの2連戦に臨めるグループ首位を維持することだ」と前日記者会見でニコ・コヴァチが話した。

対戦相手

 一方でトッテナムにとって今季CL初戦は満足できる結果とはならなかった。グループB初戦の敵地オリンピアコス戦で2-0とリードしたにもかかわらず、最終的に2-2の引き分けで終了。これによりトッテナムは同グループ首位FCバイエルンとの勝点差をこれ以上広げないためにも、10月1日(火)夜に勝点を奪う必要がある。スパーズファンの大きな希望は当然トップストライカーのハリー・ケーンだ – ルンメニゲも同選手をロベルト・レヴァンドフスキに加えてFW選手の中で「おそらく彼は世界最高のセンターフォワード」と語った。

メンバー状況

 先週末のメンバーリストと比べると、ニコ・コヴァチはインフルエンザでSCパーダーボルン戦を欠場したイヴァン・ペリシッチを選択肢の中に入れることが出来る。更に先週末のSCパーダーボルン戦で膝に問題を抱えてハーフタイムで途中交代を強いられたリュカ・エルナンデスもチームメンバーリストに加わったが、最終調整のトレーニングはできなかった。コヴァチは「 彼は個別練習をしている。まだ1日待ってみたいんだ」とコメント。トッテナム戦の欠場が決まっているのはレオン・ゴレツカ(大腿部手術後の基礎練習中)とフィーテ・アルプ(舟状骨骨折)のみである。

監督のコメント

ニコ・コヴァチ:「素晴らしいスタジアムで2つのトップチームが激突する。トッテナムにより多くのプレッシャーがあるだろう。この試合を楽しむように努めないといけない。そして楽しめれば、大半の試合は上手くいく。 トッテナムは本拠地でプレーし、ファンから後押しされるはずだ 。彼らは我々にプレッシャーを仕掛けてくるはずだよ。でも彼らのサッカーの質もとても高い」

マウシリオ・ポチェッティーノ(トッテナム・ホットスパー監督):「どう試合を始めるかは重要ではなく、どう試合を終えるかが重要なんだ。昨季CLグループステージ第3節を終えて、我々は勝点1しか奪えなかったが、決勝まで駒を進めた。我々は冷静さを保つ必要があり、強いメンタルを持たないといけない。FCバイエルンはビッククラブで、本当に一流のチームだ。我々はCLでヨーロッパベストチームの1つであるFCB戦に挑める喜びを噛み締めいといけないね」

同試合のデータ

 FCBはチャンピオンズリーグ直近アウェイ戦の大半を成功で終えている:CL直近9試合のアウェイ戦で無敗(6勝3分)。トッテナム戦で黒星を喫しなければ、クラブ記録並ぶ。現在の同クラブ最高記録はCLアウェイ戦10試合無敗(2012-14)。この記録に手が届くカードは揃っている。FCバイエルンは過去数年間のチャンピオンズリーグ・グループステージで力強い結果を残してきた。CLグループステージ直近11試合でFCBは無敗(9勝2分)、そして2012-13シーズン以降のCLグループステージでは最も多く勝点を積み重ねている(FCバイエルン:102、FCバルセロナ:99)。

審判

 トッテナム対FCバイエルン戦の主審はフランス人クレメント・ターピン。同氏にとって今季チャンピオンズリーグで初めて主審を担当する。過去FCバイエルンは37歳の同氏が主審を務めた試合(CLグループステージ)を2度経験している:2016年(アトレティコ・マドリード、1-0)と2018年(アムステルダム・アヤックス、3-3)。

ユニフォーム

F Cバイエルンは赤色のホームユニフォーム(GKは黒色)、トッテナムは白色のユニフォーム(GKはターコイズブルー)を着用する。