presented by
Search Fill-1
Menu
Champions League Matchday 4
Allianz Arena, Munich
  • 42' Robert Lewandowski
  • 52' Maximilian Wöber (OG)
  • 68' Leroy Sané
FCバイエルン・ミュンヘン
3 : 1
(1:0)
FC Red Bull Salzburg
  • 73' Mergim Berisha
  • 42' Robert Lewandowski
  • 52' Maximilian Wöber (OG)
  • 68' Leroy Sané
  • 73' Mergim Berisha
マッチリポート

ザルツブルクに3-1で勝利!バイエルンのグループ優勝が確定

Increase font size Text size
  • グループ1位が確定

  • レヴァンドフスキがCL歴代最多得点者リスト3位に

  • バイエルンが今季CLで最多得点

 FCバイエルンは11月25日(水)、FCザルツブルク戦で危なげなく3-1の勝利を収め、ラウンド16への切符を手に入れた。ロコモティフ・モスクワとアトレティコ・マドリードは引き分けで試合を終えたため、FCBのグループステージ通過は確実となった。攻撃面で確実な強さを示したバイエルンはこれで今季CL において最多となる15得点を記録した。

数的不利でも冷静なバイエルン

 ザルツブルクは前回の対戦と同じように試合冒頭から勇敢にプレーし、長い間バイエルン相手に拮抗した戦いを見せた。この試合最初の得点が決まったのはハーフタイム間際の43分。トーマス・ミュラーのシュートはGKに弾かれたが、セカンドボールをロベルト・レヴァンドフスキがゴールに突き刺して1-0とする。後半は昨季CL王者にとって良い形で始まった。キングスレイ・コマン(52分)のシュートは軌道を変えられたものの最終的にザルツブルクのゴールを揺らし、FCBのリードが2点に広がる。バイエルンは2枚目のイエローカードを出されたマルク・ロカ(66分)が退場して数的不利に陥っても落ち着きを失わず、途中出場のレロイ・サネ(68分)の得点で更に点差を広げる。73分にはメルギム・ベリシャに1点を返されたが、バイエルンは最終的に勝者として試合終了を迎えた。

この試合の重要なシーンを以下にまとめた👇

ディエゴ・マラドーナに捧げる黙祷

 25日(水)にディエゴ・マラドーナが60歳でこの世を去った。同氏への敬意と哀悼の意を表し、試合開始前に黙祷が行われた。また両チームと審判陣は喪章を付けて試合に臨んだ。

リチャーズとロカがチャンピオンズリーグ・デビュー

 21日(土)に行われたブンデスリーガのブレーメン戦から、フリックは4名を変更した:リュカ・エルナンデス、ハビ・マルティネス、ジャマル・ムシアラ、ドグラス・コスタに代わって先発したのはクリス・リチャーズ、マルク・ロカ、レオン・ゴレツカ、セルジュ・ニャブリだ。リチャーズとロカはこれによりチャンピオンズリーグ・デビューを果たした。

7/9分 ― ニャブリとミュラーに最初のチャンス

 ミュラーのクロスが弾かれて、ペナルティーエリア中央にいたセルジュ・ニャブリの元に飛ぶ。同ウィングがダイレクトボレーでゴールを狙ったが、わずかに枠を外れた。その2分前には同じようなポジションでミュラーにチャンスが訪れたが、同選手のシュートはアンドレ・ラマーリョにブロックされた。

35分 ― ソボスライがノイアーと1対1に

 ベリシャのスルーパスを受けたドミニク・ソボスライがフリーでマヌエル・ノイアーに迫る。しかし同選手のシュートは大きくゴールを越えた。ゲストのザルツブルクは既にその20分前という早い時間帯にセク・コイタとエノック・ムウェプに先制点のチャンスがあったものの、両選手ともドイツ代表GKの守るFCBゴールを揺らすことはできなかった。

43分 ― レヴァンドフスキのゴールでFCB先制

 チャンピオンズリーグで71ゴール目!この先制ゴールを決めたことで、レヴァンドフスキが歴代最多得点者リスト3位のラウールの記録に並んだ。同ポーランド代表はPA際でミュラーにクロスを送ったが、そのシュートがザルツブルクGKツィツァン・スタンコヴィッチに弾かれるとこぼれ球に素早く反応し、先制ゴールを決めた。

52分 ― 後半直後のコマンのチャンスから2-0

 対人戦での強さを中盤で発揮したレオン・ゴレツカがボールを奪い、キングスレイ・コマンに繋げる。同選手は左サイドから中央に切り込みペナルティーエリア手前まで進むと、シュートを放った。ボールはファーサイドに飛んだが、ザルツブルクDFのマクシミリアン・ヴェーバーがクリアしようとして軌道が変わり、GKに止められない角度でゴールに突き刺さった。

66分 ― デビュー戦でロカが退場

 マルク・ロカにとってこの夜はハッピーエンドにならなかった。同スペイン人選手はチャンピオンズリーグ・デビュー戦の66分、ズラトコ・ユヌゾヴィッチへの対応が遅れ、同選手の足を踏みつけてしまった。その結果この日2枚目のイエローカードを出され、退場処分となった。

68分 ― バイエルンは動揺せず、ジョーカーのサネが追加点

 バイエルンは数的不利となってからも攻撃の強さを示す。ボール奪取に成功したリュカ・エルナンデスが攻撃の起点となり、最終的にコマンがPA目掛けてクロスを上げる。数分前に途中出場したばかりのサネがフリーで走り込んでヘディングシュートを決め、3-0とした。

73分 ― ベリシャがザルツブルクにゴールをもたらす

 ノイアーは70分、ザルツブルクのダブルチャンスを見事なセービングで阻止したが、その3分後には失点を喫することになった。ラスムス・クリステンセンの鋭いクロスからベリシャが1点を返した。ベリシャにオフサイドの疑いがあったが、VAR確認の結果、このゴールは認められた。しかしこの日のザルツブルクの得点はこの1ゴールのみに止まった

チャンピオンズリーグのザルツブルク戦のフォトギャラリー:

FCバイエルン vs. FCザルツブルク3-1(1-0)

  • FCバイエルン

    ノイアー - パヴァール(62分エルナンデス)、ボアテング、アラバ、リチャーズ(79分マルティネス) - ロカ、ゴレツカ - コマン(78分コスタ)、ミュラー、ニャブリ(62分サネ)- レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ニューベル、チュポ=モティング、ツィルクツェー、ムシアラ、アレイ=ムビ


  • FCザルツブルク

    スタンコヴィッチ - クリステンセン、ラマーリョ、ヴェーバー、ウルマー - カマラ、ユヌゾヴィッチ(71分アデイェミ)、ソボスライ(71分スチッチ)、ムウェプ(71分アシメル)- ベリシャ、コイタ


    Substitutions

    コロネウ、ヴァルケ、ファルカス、ソレ、オングエネ、ヴァルチ


  • Referee

    オレル・グリンフェルト(イスラエル)


  • Goals

    1-0レヴァンドフスキ(43分)、2-0ヴェーバー(52分/ OG)、3-0サネ(68分)、3-1ベリシャ(73分)


  • Yellow cards

    ノイアー、ロカ / コイタ、カマラ


    Yellow-red cards

    ロカ / -