presented by
Search Fill-1
Menu
Champions League Matchday 4
Allianz Arena, Munich
  • 42' Robert Lewandowski
  • 52' Maximilian Wöber (OG)
  • 68' Leroy Sané
FCバイエルン・ミュンヘン
3 : 1
(1:0)
FC Red Bull Salzburg
  • 73' Mergim Berisha
  • 42' Robert Lewandowski
  • 52' Maximilian Wöber (OG)
  • 68' Leroy Sané
  • 73' Mergim Berisha
前日リポート

決勝トーナメント進出を視界に捉える

Increase font size Text size

 決勝トーナメント進出目前!FCバイエルンは日本時間26日(木)5時からの結果次第で今季チャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を果たせる。グループA第4節FCザルツブルク戦は本拠地アリアンツ・アレーナで開催。fcbayern.comが同試合に関する情報を集めた。

FCバイエルンの現在の状況

 FCバイエルンはチャンピオンズリーグでの驚異的な連勝記録を更新できるのか?FCバイエルンは現在CL14連勝中 – 当然大会記録!FCバイエルンはFCザルツブルク戦で15連勝目を収めると、この時点で決勝トーナメントへのチケットを確保することになる - 13年連続CL決勝トーナメント進出。 ハンジ・フリック監督のチームは第3節までに勝点9を獲得し、2位アトレティコ・マドリード(勝点4)、ロコモティヴ・モスクワ(勝点2)、ザルツブルク(勝点1)と大差をつけて首位独走状態。直近ブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメン戦は1-1で終了してしまい、公式戦10連勝の記録がストップしまった。しかし同引き分けはFCBの練習中での良い雰囲気や集中力を壊すことなかった。

24日(火)ザルツブルク戦最後の準備を行った - 写真:

対戦相手FCザルツブルク

 開幕戦モスクワ戦を2-2で引き分けた後、マドリードで2-3の敗北、最後のCLマッチとなったFCバイエルン戦は2-6で落とした。この結果モーツァルトの街でもあるザルツブルクはグループA最下位。クラブ史上初の決勝トーナメント進出のチャンスを掴むには勝利が必要不可欠となる。オーストリア・ブンデスリーガ首位ザルツブルクは先週土曜日のリーグ戦(SKシュトゥルム・グラーツ)で1-3の黒星を喫して今季初のリーグ戦敗北を味わった。だがFCバイエルン監督ハンジ・フリックは24日(火)前日記者会見で「ザルツブルクは非常にやり難い相手で、相手へのプレッシャーの仕掛け方を知っている。彼らがボール奪取したら、直ぐにそして上手く攻撃を行う」と警戒の言葉を残した。 

FCザルツブルクの情報はこちら:

人員状況

 ハンジ・フリック監督は24日(火)の記者会見でヨズア・キミッヒ(外側半月板手術)、今週にランニング練習を開始したアルフォンソ・デイヴィス(靭帯損傷後の基礎トレーニング)、コランタン・トリッソ、ブナ・サール、ニクラス・ズーレが欠場することを発表した。ブレーメン戦で打撲を負って負傷交代したリュカ・エルナンデスがメンバーに入る可能性はまだある。 

 ザルツブルク側はアントワーヌ・ベルネード(脛の負傷)、パトソン・ダカ(筋肉の怪我)、奥川雅也(内転筋の怪我)が欠場する。

監督コメント

ハンジ・フリック:「目標は決勝トーナメント進出を決めることだ。だがそれは難しい課題となる。最初の試合でザルツブルクは良いプレーをした。彼らは相手に上手くプレッシャーを仕掛けられるチームだが、ボール保持には上手くて速い解決策を持つ。我々には必要な尊敬の念があり、準備が整っている。我々の選手一人一人が自分のパフォーマンスを発揮し、チームのために働けるかが重要となるね。そうなれば我々には極めて大きなクオリティーがあり、倒すのは容易ではない」

ジェシー・マーシュ(FCザルツブルク監督): 「我々にとって最高のスタジアムでの最高の対戦相手との最高のゲーム。この試合を楽しみにしている。我々のベストパフォーマンスを出すことが重要だ。ホームでの試合ではこのレベルでプレー可能だと目にできたね。我々はよりコンパクトで規律的にプレーしないといけない。FCバイエルンのチームは凄まじい、彼らには多くのクオリティーがある。しかしチーム全体がチャンスがあると信じているよ」

主審はオレル・グリンフェルト

 FCバイエルン対FCザルツブルク戦の主審はオレル・グリンフェルトが担当する。39歳のイスラエル人審判は初めてFCバイエルン戦で笛を吹く。今季CLで同審判は2度主審を務め、その一つがボルシア・メンヒェングラードバッハ対レアル・マドリード戦(2-2)。副審はロイ・ハッサンとイダン・ヤルコニ、VARはロイ・レインシュライバーが。

同試合のトップデータ

ロベルト・レヴァンドフスキは前回のザルツブルク戦でドッペルパックを決めた。

 FCBトップストライカーのレヴァンドフスキは、これまでにチャンピオンズリーグで70ゴールを挙げており、あと1ゴールでCL歴代3位のラウールの得点記録(71)に並ぶことになる。CL史上これより多く得点しているのはリオネル・メッシ(118)とクリスティアーノ・ロナウド(130)だけだ。

FCザルツブルク戦に関するデータはこちら: