presented by
Search Fill-1
Menu
DFB Cup Final
Olympic Stadium, Berlin
  • 64' Sven Bender
  • 90'+5 Kai Havertz
バイエル04レヴァークーゼン
2 : 4
(0:2)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 16' David Alaba
  • 25' Serge Gnabry
  • 59' Robert Lewandowski
  • 90' Robert Lewandowski
  • 64' Sven Bender
  • 90'+5 Kai Havertz
  • 16' David Alaba
  • 25' Serge Gnabry
  • 59' Robert Lewandowski
  • 90' Robert Lewandowski
レヴァークーゼンに4-2で勝利

二冠!FCバイエルンが20回目のポカール優勝

Increase font size Text size
  • ポカール優勝でFCバイエルンが昨季に続き二冠達成
  • レヴァンドフスキがポカール新記録
  • 公式戦17連勝

 ポカールでも優勝!2020年のドイツカップ戦王者はFCバイエルンだ!FCBはベルリンのオリンピア・シュターディオンで7月4日(土)に行われたDFBポカール決勝で、ダヴィド・アラバ(16分)の卓越したフリーキックとセルジュ・ニャブリ(24分)の追加点により、前半に2-0とリードを奪う。後半に入り、ロベルト・レヴァンドフスキ(59分)がスコアを3-0とした後で、スヴェン・ベンダー(64分)に1ゴールを許したが、レヴァンドフスキが89分に再び得点し、バイエルンの勝利を確実にした。アディショナルタイムにハンドを冒してレヴァークーゼンにPKを献上し、これをカイ・ハヴェルツに決められはしたが、バイエルンの優勝は変わらなかった。

以下にこの試合の重要なシーンを紹介する。

歓声、二冠、喜び

 なんという強さを見せたシーズンだっただろう!今シーズン、30回目のリーグ優勝を果たしたFCバイエルンは、DFBポカールで20回目の優勝を果たした。いつもと異なる状況下で素晴らしい成功を収めたシーズンのハイライトとして、FCBはクラブ史上13回目の二冠達成を祝うこととなった。

コロナ犠牲者に捧げる黙祷

 ドイツサッカーにおける今季最後の試合のキックオフ前に、コロナウイルスによる犠牲者を悼んで黙祷が行われた。これによりドイツプロサッカー界は一丸となって哀悼の意を表した。

ミュラーが決勝記録タイ、ズーレがメンバー復帰

 最多出場記録タイ!トーマス・ミュラーは今季、8回目のポカール決勝出場をマークした。同選手はこれで、フランク・リベリーが保持する最多出場記録に並んだ。両選手より多くDFBポカール決勝に出場した選手はいない。更にニクラス・ズーレからも朗報が届いた。同CBは昨年秋に十字靭帯断裂を負ってから初めてメンバー入りを果たした。

16分 ― アラバの芸術的な先制弾

 見応えのある先制弾を決めたのは、ダヴィド・アラバだ。レヴァンドフスキに対するファール後、ゴール17m前から28歳の同オーストリア代表がFKを行った ― 短い助走後にアラバの蹴ったボールは、壁を越えて見事ゴールネットを揺らし、チームに先制ゴールをもたらした。ポカール決勝戦で直接FKが決まったのは、2001年以来これが初めてだ。

24分 ― ニャブリの得点で2011年ポカール決勝以降最速の2-0

 ニャブリがセンセーショナルな追加点!ユリアン・バウムガルトリンガーのダイアゴナルパスをヨズア・キミッヒがカットし、ボールはゴレツカを経由して再びキミッヒの元へ。FCBの中盤の原動力といえる同選手のスルーパスを受け、ニャブリがやや右からファーポストにシュートを決めてリードを広げた。これは、2011年以降のDFBポカール決勝戦において最速の2-0となった。

42分 ― ボアテングが危険を察知

 レヴァークーゼンにチャンスが訪れる。ナディム・アミリがやや右からFCBゴールに迫り、カイ・ハヴェルツに横パスを出したが、ジェローム・ボアテングがブロックした。だがどちらにせよ、アミリはオフサイドだった。

59分 ― レヴァンドフスキが得点し、最多記録を更新

 素晴らしいゴール!マヌエル・ノイアーのロングスローをトラップし、レヴァンドフスキがゴール25m前からシュートを放った。ボールはゴール中央に向かって飛んだが、フラデツキーの手からこぼれてゴールラインを割った。このゴールはレヴァンドフスキにとってDFBポカール決勝で7得点目となり、自身の持つ決勝最多得点数を更新した(2位は4得点のゲルト・ミュラー及びウーヴェ・ゼーラー)。

64分 ― ベンダーに1点返される

 レヴァークーゼンがゴールを決め、3-1となった。ケレム・デミルバイの右サイドからのクロスにS. ベンダーが頭で合わせて至近距離から決められ、1点を返された。

89分 ― レヴァンドフスキが駄目押しゴール

 イヴァン・ペリシッチのクロスから、レヴァンドフスキが容赦なくレヴァークーゼンゴールに突き刺し、4-1と再び3点差に戻した。

90+4分 ― ハヴェルツがPKを決める

 主審トビアス・ヴェルツの動画確認後、アルフォンソ・デイヴィスのハンドによりレヴァークーゼンにPKが与えられた。これをハヴェルツにゴール左上に決められ、最終スコアは4-2となったが、バイエルンの勝利は変わらなかった。

 ミア・サン・2020年二冠勝者!

ポカール決勝のフォトギャラリーはこちら:

バイエル04レヴァークーゼン vs. FCバイエルン 2-4(0-2)

  • バイエル04レヴァークーゼン

    フラデツキー – L. ベンダー(81分ヴァイザー)、S. ベンダー、タプソバ、ヴェンデウ – アランギス、バウムガルトリンガー(46分デミルバイ) – ディアビ、アミリ(46分フォラント)、ベイリー(76分ベララビ) – ハヴェルツ


    Substitutions

    エーズカン、ドラゴヴィッチ、ター、ヴィルツ、アラリオ


  • FCバイエルン

    ノイアー - パヴァール、ボアテング(69分エルナンデス)、アラバ、デイヴィス – ゴレツカ、キミッヒ - ニャブリ(87分コウチーニョ)、ミュラー(87分チアゴ)、コマン(64分ペリシッチ) – レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ウルライヒ、オドリオソラ、ズーレ、キュイザンス、ツィルクツェー


  • Referee

    トビアス・ヴェルツ(ヴィースバーデン)


  • Goals

    0-1アラバ(16分)、0-2ニャブリ(24分)、0-3レヴァンドフスキ(59分)、1-3 S. ベンダー(64分)、1-4レヴァンドフスキ(89分)、2-4ハヴェルツ(90+4分/ PK)


  • Yellow cards

    ヴェンデウ / レヴァンドフスキ