presented by
Search Fill-1
Menu
DFB Cup Semi-finals
Allianz Arena, Munich
  • 14' Ivan Perišić
  • 74' Robert Lewandowski
FCバイエルン・ミュンヘン
2 : 1
(1:0)
アイントラハト・フランクフルト
  • 69' Danny da Costa
  • 14' Ivan Perišić
  • 74' Robert Lewandowski
  • 69' Danny da Costa
マッチリポート

決勝進出!フランクフルトを2ー1で下しバイエルンがベルリン行きの切符を獲得

Increase font size Text size
  • バイエルンは24度目となるDFBポカール決勝進出
  • 急遽先発出場となったペリシッチが先制
  • レヴァンドフスキの決勝点で勝利

 決勝進出!ベルリンへ!FCバイエルンは24度目となるDFBポカール決勝進出を決めた。10日(水)の晩、ハンジ・フリック指揮するチームは、準決勝でアイントラハト・フランクフルトを2-1(1-0)で下した。7月4日、ドイツ絶対王者はベルリンのオリンピア・シュターディオンで開催されるバイエル04レヴァークーゼンとの決勝戦で連覇を狙う。

終始相手を圧倒

 ホームのアリアンツ・アレーナでFCバイエルンは終始支配権を受け渡すことはなかった。14分、チームはイヴァン・ペリシッチの得点で先制、だが明らかな優位を活かすことができず追加点を奪えない。それを罰するかのように、後半半ばに交代出場のダニー・ダ・コスタ(69分)に同点を奪われる。だがFCBは冷静さを失うことなく、ロベルト・レヴァンドフスキ(74分)の決勝点で前年度に続く決勝進出を決めた。

 試合の鍵を握る場面をハイライトでお伝えする:

レイシズムに対し厳然とした姿勢を再表明

 ブンデスリーガ前節のレヴァークーゼン戦同様、FCバイエルンは再びホームスタジアム、アリアンツ・ アレーナにおいてあらゆるレイシズム、差別、不寛容、暴力へ反対する厳然とした態度を表明した。「レイシズムにレッドカード」と#Blacklivesmatterのメッセージを記したバナーがドイツ絶対王者のベンチ前に掲げられた他、コーナーフラッグにも同様のメッセージが記された。対戦相手のフランクフルトもまた#BlackLivesMatterの文字を胸元に記したユニフォームを着用し、同様の姿勢を示した。

ニャブリに代わりペリシッチが先発出場 - バイエルンは新ホームキットで登場

 ハンジ・フリックは素晴らしいパフォーマンスを披露したレヴァークーゼン戦(4-2)のスターティングメンバーから、急遽メンバー変更を強いられた。背中の打撲により休場を余儀なくされたセルジュ・ニャブリに代わりイヴァン・ペリシッチが先発出場。これによりFCバイエルンはおよそ3週間前に5-2でアイントラハトを下したメンバーで再び同チームを迎え撃つこととなった。だが18日前の対戦とは明らかな違いがあった:バイエルンが新ホームキットを初めて着用し試合へと臨んだのだ!

6、8分:バイエルンの集中砲火

 今試合初のCKは、惜しくも先制点には繋がらず!トーマス・ミュラー(6分)のヘディングシュートはドミニク・コールがゴールライン手前でクリア。その直後、ペリシッチがゴールエリア内へ供給したグラウンダーのクロスにもレヴァンドフスキ(8分)は1歩届かず。フランクフルトは失点の危機を幸運により逃れた。

14分:ペリシッチの先制点

 だがその数分後、ついにゴールネットが揺れる。前半14分、バイエルンの背番号14、ペリシッチがホームチームに先制点をもたらしたのだ。最終ラインを抜け出したレヴァンドフスキの足元のボールを、マルティン・ヒンターエッガーがタックルでクリア。だがそのセカンドボールを拾ったミュラーが、走り込んだペリシッチへとダイレクトでチップパスを送ると、同選手はダイビングヘッドでこのボールを叩き込み、バイエルンが相応しいリードを奪った。

25分:コマンに追加点のチャンス

 左サイドを上がったアルフォンソ・デイヴィスがペリシッチのパスを受けDFをかわすと、キングスレイ・コマンがフリーで待ち構えるファーポストへボールを供給。だが同選手のフィニッシュはわずかに枠をとらえきることができなかった。その後もバイエルンは主導権を完全に掌握、相手ゴール前で次々と決定機を演出するも、追加点を奪うことは叶わず。1点のリードでハーフタイムを迎えた。

53分:キミッヒのシュートはトラップが堅守

 後半も試合を支配下においたバイエルンだったが、両チーム共に決定機に欠ける立ち上がりとなった。調子を上げたゲストチームは自陣からバイエルンを遠ざけることに成功。後半初のシュートを放ったのはヨズア・キミッヒ(53分)だったが、ケヴィン・トラップの堅守に阻まれた。

69分:思いがけないフランクフルトの同点弾

 試合終了20分前、追加点を奪えなかったバイエルンが罰せられる。SGEが交代出場のダニー・ダ・コスタ(69分)のゴールで試合を振り出しへと戻した。バイエルン選手にあたり軌道の変わったグラウンダーのクロスを叩いた同選手のシュートを前に、ノイアーは成す術がなかった。

74分:レヴァンドフスキの返答

 だがバイエルンはこの失点にも意気消沈することなく、その僅か5分後レヴァンドフスキ(74分)の得点で再び1点をリード。デイヴィスが折り返したパスを、キミッヒが左サイドに走り込んだレヴァンドフスキへ繋いだ。同ポーランド人選手が倒れ込みながらもボールを押し込んだ直後、主審はオフサイドとして無効の判定を下したが、ビデオアシスタントレフェリーのチェック後得点を認めた。

 DFBポカール準決勝、フランクフルト戦のフォトギャラリーはこちら:

FCバイエルン vs. アイントラハト・フランクフルト 2-1(1-0)

  • FCバイエルン

    ノイアー – パヴァール、ボアテング、アラバ、デイヴィス - キミッヒ、ゴレツカ(86分 マルティネス) – コマン(62分 チアゴ)、ミュラー、ペリシッチ(62分 エルナンデス) – レヴァンドフスキ 



    Substitutions

    ウルライヒ、フリュヒトル、オドリアソラ、シン、ツィルクツェー


  • アイントラハト・フランクフルト

    トラップ – アブラハム、ヌディカ、ヒンターエッガー – チャンドラー、コール(77分 ドスト)、イルザンカー(77分 トロ)、トゥーレ(66分 ダ・コスタ) – ローデ、シルバ、ガチノヴィッチ(66分 鎌田)



    Substitutions

    レノウ、デ・グズマン、ソウ、長谷部、ドゥルム


  • Referee

    マルコ・フリッツ(コルプ)


  • Goals

    1-0 ペリシッチ(14分)、1-1 ダ・コスタ(69分)、2-1 レヴァンドフスキ(74分)


  • Yellow cards

    ペリシッチ / シルバ、ヒンターエッガー