presented by
Search Fill-1
Menu
DFB Cup Round 2
Holstein-Stadion, Kiel
  • 37' Fin Bartels
  • 90'+5 Hauke Wahl
ホルシュタイン・キール
PK
6 : 5
(2:2 AET, 2:2)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 14' Serge Gnabry
  • 47' Leroy Sané
  • 37' Fin Bartels
  • 90'+5 Hauke Wahl
  • 14' Serge Gnabry
  • 47' Leroy Sané
PK戦で6-5

キールでの熱戦の末にFCBがポカール敗退

Increase font size Text size
  • FCB19年振りにラウンド16進出を逃す
  • 終了直前に同点に追いつかれる

 これぞポカール戦と言うべき素晴らしい試合は、FCバイエルンにとって望ましくない結果に終わった。FCBはDFBポカールの第2回戦でホルシュタイン・キールと対戦したが、6-5でPK戦に敗れて同大会を敗退した。90分及び延長戦の120分終了時点でのスコアは2-2だった。これによりFCBは19年振りにラウンド16進出を逃した。

 凍えるような寒さのホルシュタイン・シュターディオンで行われたポカール戦に本命として臨んだバイエルンは、積極的に前に向かい、セルジュ・ニャブリのゴール(14分)で早い時間帯に先制する。前半中にフィン・バルテルス(37分)に同点ゴールを許したものの、後半に入ってすぐにレロイ・サネ(47分)が夢のようなゴールを決めて、ポカール歴代王者のFCBに再びリードをもたらす。バイエルンは試合を支配したものの勝利を確定できないままアディショナルタイムを迎え、90+5分にハウケ・ヴァールに失点。最終的に勝敗はPK戦に持ち越されたが、マルク・ロカが相手GKにセーブされ、バイエルンはポカールを敗退することになった。

この試合の重要なシーンを以下にまとめた👇

バイエルンは特別ユニフォームでプレー

 FCバイエルンは“ヒューマン・レース”キャンペーンの締めくくりに、スポーツと我々の社会における多様性を象徴する特別なユニフォームを身に着けてホルシュタイン・キールとの試合を行った。現三冠王者のバイエルンは2020年11月からこのキャンペーンを行っており、より寛容で平和的な共存に賛成する姿勢を示してきた。この特別なユニフォームと共に、週末のグラードバッハ戦に欠場したニャブリが先発復帰を果たした。監督ハンジ・フリックは5人のメンバーを変更し、ポカール戦ではロベルト・レヴァンドフスキがベンチスタートとなった。長期離脱中のタンギ・ニアンズ(筋損傷)と同じくレオン・ゴレツカ(ふくらはぎ打撲)、エリック・マキシム・チュポ=モティング(背中)、キングスレイ・コマン(筋肉系の問題)もチームに同行せず、ミュンヘンに残った。

キャンペーンの詳しい情報はこちら

14分 ― ニャブリが先制点を奪う

 バイエルンはこの日最初のチャンスをゴールに繋げた。コランタン・トリッソが右サイドから上げたクロスにペナルティーマーク付近のトーマス・ミュラーが頭で合わせたが、GKイオアニス・ゲリオスに前方へと弾かれる。しかし丁度その場所にはニャブリがいて、同選手が早い時間帯にバイエルンに先制ゴールをもたらした。

37分 ― バルテルスが突然の同点ゴール

 先制後も前に向かい続けるバイエルンだが、ホルシュタイン・キールに突然の同点弾を許してしまった。自陣から上がったロングボールを受けたバルテルスがマヌエル・ノイアーとの1対1で冷静さを失わず、確実にゴールを決めて1-1とした。この失点に動揺したバイエルンは数分後にチャンスを得たものの追加点を決めることはできず、ミュラー(39分)のミドルシュートは枠外に飛び、ジャマル・ムシアラ(40分)はゲリオスにセーブされる。こうして前半は1-1のまま終了した。

47分 ― サネの夢のゴールで1-2

 なんと素晴らしいゴールだっただろう!サネがゴール18m前からFKで直接狙い、ゴール右に突き刺して1-2とした。これ以上ないほど見事なFKで、後半はFCBにとって幸先の良いスタートとなった。

66分 ― ムシアラのシュートはポスト直撃

 惜しい!ムシアラがボックス角からドリブルで切り込み、相手選手2人を置き去りにして15m前からシュートを放った。しかしこのシュートはGKゲリオスの指先によって軌道を変えられ、ポストに当たった。

90+5分 ― ホルシュタイン・キールが同点に追いつき、延長に突入

 ホルシュタイン・キールは終盤、再度攻撃に全力を投じ、その努力が報われた。終了の笛が鳴る前の最後のプレーからヴァールがヘディングゴールを決めて、土壇場で2-2の同点とする。続く延長戦はバイエルンが優勢で、対戦相手陣内にキールを押し込める。しかし身体を張って守るホームチームを前に、得点に繋がるシュートを放つことができない。こうして追加点のないまま延長戦は終了し、勝負はPK戦に持ち越された。

ロカはゲリオスにセーブされ、キールはPK成功

 PK戦に入り、バイエルンは最初の5人(レヴァンドフスキ、ヨズア・キミッヒ、ミュラー、ダヴィド・アラバドグラス・コスタ)が成功させたものの、6人目のロカがゲリオスにセーブされる。対するホルシュタイン・キールは6人全員がPKを成功。こうしてホームチームのラウンド16進出が決まった。

キールで行われたポカール戦のフォトギャラリー:

ホルシュタイン・キール vs. FCバイエルン 6-5(PK;1-1、2-2)

  • ホルシュタイン・キール

    ゲリオス – デーム、ヴァール、テスケル(80分コメンダ)、ファン・デン・ベルフ – メファート(84分セッラ) - メース(77分レーゼ)、ミューリング(84分アルスラン)、ポラト(77分ハウプトマン)、バルテルス – イ・ジェソン


    Substitutions

    デーネ、キルケスコフ、ノイマン、ギルト


  • FCバイエルン

    ノイアー - サール(85分パヴァール)、ズーレ、エルナンデス、デイヴィス - トリッソ(106分アラバ)、キミッヒ - サネ(74分コスタ)、ミュラー、ムシアラ(74分レヴァンドフスキ) – ニャブリ(90+2分ロカ)


    Substitutions

    ニューベル、ボアテング、マルティネス、ツィルクツェー


  • Referee

    ロベルト・シュレーダー(ハノーファー)


  • Goals

    0-1ニャブリ(14分)、1-1バルテルス(37分)、1-2サネ(47分)、2-2ヴァール(90+5分)


    Penalty shoot-out

    2-3レヴァンドフスキ;3-3ヴァール;3-4キミッヒ;4-4アルスラン;4-5ミュラー;5-5セッラ;5-6アラバ;6-6イ・ジェソン;6-7コスタ;7-7ハウプトマン;ロカ失敗;8-7バルテルス


  • Yellow cards

    メファート / ズーレ