presented by
Search Fill-1
Menu
FIFA Club World Cup Final
Education City Stadium, Doha
  • 59' Benjamin Pavard
FCバイエルン・ミュンヘン
1 : 0
(0:0)
UANL Tigres
  • 59' Benjamin Pavard
UANLティグレスとのクラブW杯決勝

有終の美を飾る戴冠 - 次なるタイトル獲得に燃えるバイエルン

Increase font size Text size

 あと一歩!FCバイエルンは11日(木)、歴史的快挙を成し遂げようとしている。CONCACAFチャンピオンリーグ王者のUANLティグレスが待つFIFAクラブワールドカップ決勝へと駒を進めたバイエルンは、1年間で6つ目のタイトル獲得に王手をかけた。この偉業を達成したのは、これまでFCバルセロナ(2009年)だけだ。ティグレスとの決勝戦について知っておくべき情報を前日リポートでは紹介する。

 UANLティグレストのクラブワールドカップ決勝戦を翌日に控えたバイエルンのベストショットを収めたフォトギャラリー:

バイエルンの現在の状況

 ロベルト・レヴァンドフスキはFIFAクラブワールドカップ決勝を前に、「タイトル獲得にここまで近づいたら、その実現に向け全力を尽くさねばならない」と語った。同トップストライカーは8日(月)に行われた準決勝のアル・アハリSC戦(2-0)で2得点を挙げバイエルンを決勝進出に導いた。一方でFCBは直近5試合で4度目となるクリーンシートを達成。GKのマヌエル・ノイアーはこの堅守について「皆で取り組んできた。少しずつ改善してきた。このポジティブな流れが続くことを願っている」と10日(水)の記者会見で言及した。

対戦相手:UANLティグレス

 UANLティグレスは意外にも北中米サッカー連盟のチームとしては初となるクラブワールドカップ決勝進出を果たした。メキシコの同クラブは準々決勝で蔚山現代FC(2−1)を下し、準決勝ではパルメイラス・サンパウロ(1−0)に勝利。監督のハンジ・フリックは「準決勝で彼らを見て、非常に感銘を受けた。彼らは非常に激しい試合を行い、攻撃的なサイドハーフは高いクオリティを有し、中央にはゴールを決める選手を配している」と語った。ここまでの3ゴール宇部手を挙げたのはトップスコアラーのアンドレ=ピエール・ジニャックだ。ノイアーもまた「彼は素晴らしいウィンガーからも恩恵を受けている。彼をペナルティーエリアから遠ざけ、ティグレスのチャンスを潰さねばならない」と警戒も露わに語った。

 昨年12月のCONCACAFチャンピオンズリーグでは、UANLティグレスが決勝戦での3連敗(2016年、2017年、2019年)を経て悲願の初制覇を達成。決勝の対戦相手についてはこちら:

バイエルン対UANLティグレス戦の人員状況

 フリックが記者会見で公表したように、ジェローム・ボアテングは一身上の都合により決勝を前に帰国の途に着いた。バイエルンはそれ以外のドーハ帯同選手全員を起用することができる。

監督コメント

ハンジ・フリック:「ティグレスは非常に敏捷かつ集中したビルドアップを行う。彼らは我々に全てを要求するだろう。どの試合においても、とりわけ決勝戦では立ち上がりから正しい姿勢で試合に臨むことが重要になる。我々は気を引き締めて挑み、自らのチャンスを逃さないようにしなければならない」

リカルド・フェレッティ(UANLティグレス監督):「我々はバイエルンの能力を分析し、彼らのプレーを幾度となく見た。我々はカウンターから相手を脅かすことになる。必要な敬意を持って試合に臨むが、決して恐れてはいない。トロフィーを獲得できる自信はある」

 UANLティグレスとの決勝戦に関する重要な数字とデータはこちら: