presented by
Search Fill-1
Menu
International Champions Cup ICC
CHILDREN'S MERCY PARK, KANSAS CITY, MO
  • 45'+3 レオン・ゴレツカ
FCバイエルン・ミュンヘン
1 : 0
(1:0)
ACミラン
  • 45'+3 レオン・ゴレツカ
カンザスシティで1-0の勝利

ACミラン戦で順当な勝利

Increase font size Text size

 アウディ・サマーツアー2019の最終戦は順当な勝利で終わった。FCバイエルンは23日(火)夜にカンザスシティでACミランと対戦し、今季チャンピオンズリーグユニフォームのデビュー戦を1-0の白星で飾った。この結果、FCBの今夏インターナショナル・チャンピオンズカップは2勝1敗で幕を閉じ、チームはミュンヘンへの帰路についた。チルドレン・マーシー・パークでの決勝ゴールは前半アディショナルタイムにレオン・ゴレツカが決めた(45+3分)。

 18,496人の観客が訪れたチケット完売のスポーティング・カンザスシティの本拠地スタジアムでFCバイエルンは良い連携プレーで圧倒。FCBは多くの時間帯で相手チームを自陣のボックスエリアに押し込んだ。試合終了後にはニコ・コヴァチのチームは空港へ向かい、ミュンヘンへと向かった。

 筋肉の問題を抱えたハビ・マルティネスとセルジュ・ニャブリは大事をとってメンバーリストから外れ、同様にロベルト・レヴァンドフスキもウォーミングアップ後に筋肉の問題で起用不可となった。欠場した同3選手がスタンドで見つめる中、始まったACミラン戦でFCバイエルンは終始ボールを保持するが、ACミラン選手テオ・エルナンデス、ルーカス・ビリア(4分)、ダニエル・マルディーニに好機が訪れる。しかしハーフタイム直前にヨスア・キミッヒの素晴らしいスルーパスを受けたゴレツカ(45+3分)が冷静にトラップから右足でネットを揺らしてFCバイエルンがリードを奪った。

 後半も前半と同じ展開となった。バイエルンは試合を支配していたがスヴェン・ウルライヒがパトリック・クトローネの決定的チャンスを足で止めた(64分)。反対にトーマス・ミュラーのヘディングシュート(71分)、ダヴィド・アラバの一発(79分)は得点に結びつかなかった。その後スコアは動かなかったが、1点を守り切ったFCバイエルンが勝利を収めた。

FCバイエルン vs.ACミラン 1-0(1-0)

  • FCバイエルン

    前半:ノイアー(46分ウルライヒ) – キミッヒ(46分ミハイエヴィッチ)、ズーレ、パヴァール、デイヴィス – トリッソ(46分チアゴ) – ミュラー(80分シュティラー)、ゴレツカ、サンチェス(59分シン)、コマン(59分アラバ)– アルプ


    Substitutions

    ホフマン、ツァイザー、ポズナンスキ、ヨハンソン、ケール


  • ACミラン

    G・ドンナルンマ– カルブリア、ガッビア、ストリニッチ、エルナンデス(45分コンティ) – チャノハノール、ビリア、ボリーニ(90+1分ブレシチアニーニ) – ピョンテク、マルディーニ(59分クロトーネ)、カスティジェホ(90+1分ミオニッチ)


    Substitutions

    プリツァッリ 、A・ドンナルンマ–カパンニ、カポネ


  • Referee

    アレン・チャプマン(米国)


  • Attendance

    18,496人 (完売)


  • Goals

    1-0 ゴレツカ(45+3分)


  • Yellow cards

    - / チャノハノール