presented by
Menu
ヘルタ・ベルリン戦

コメント

バイエルンは火曜日のヘルタベルリン戦に引き分けた。マガト監督は試合をこう振り返る。「リズムをつかむことが出来ず、我々のサッカーが出来なかった。しかしながら今日の試合に引き分けられたことに我々は満足しなければならない。そんな内容の試合でした。」

コメント:

ヘーネス: 「我々は前半と試合終了間際のチャンスをものに出来なかった。その間にヘルタは数多くのチャンスを生み出した。今日の引き分けは我々にとって納得しなければならないものだ。我々は常に周りから強いと言われるがそんなことはない。それを我々は今日知ることが出来てよかったのではないだろうか。確かに我々は強いが他のチームも強い、それを今日ヘルタは見せてくれた。」

マガト監督: 「ヘルタ戦はいつも苦戦を強いられる。ヘルタは中盤に良い選手がいて中盤からすごく早くゴールまでアタックしてくる。確かに我々は集中力を欠いていたが今日のヘルタの勢いも引き分けという結果に起因しているだろう。我々は引き分けられたことに満足しなければならない。」

ゲッツ監督: 「戦略どおりに試合が進められた。チームとして非常に機能できた試合だった。良い試合が出来た。でも、勝てたかもという欲もある。カーンがバイエルンのゴールマウスにいるから得点できないのも仕方ないかな。」

カーン: 「勝ち点3を逃したのは確かに残念だが、出来の良かったヘルタに対し、我々は集中力を欠きこの結果に満足すべきだ。良かったことは、チームの調子が悪いときでも引き分けで勝ち点1を得ることが出来たことだ。」