presented by
Menu
インタビュー

ヘーネス、「レーマンは決してカーンよりすぐれてはいない。」

クリンスマンの決定に対してヘーネスは不快感をスポーツ番組のインタビューで示した。それはバイエルンにとって大事な試合(ブレーメン戦)の前日にレーマンを正ゴールキーパーにすると発表したからである。

プレミエレ(スポーツ番組)のインタビュー

質問: 「カーンはクリンスマンの決定をいつ知ったのでしょうか?」
ヘーネス: 「彼は昨日の夜、クリンスマンとミュンヘンのホテルでそのことについて話し合いました。」

質問: 「レーマンはもっと前に知っていたと思いますか?」
ヘーネス: 「そう思います。1年半前から知っていたのではないでしょうか。彼にとっては何も新しいニュースではなかったでしょう。」

質問: 「レーマンのほうが良いゴールキーパーだと思いますか?」
ヘーネス: 「そうは思いません。でも改めてそれを分析する準備はしていません。その決定が間違いであると思っても、改めて言い争うようなことはしませんよ。」

質問: 「あなた自身もこの決定に失望したことでしょう。これからの予定は?」
ヘーネス: 「どれくらいかかるかは分からないけど、良くこの決定について考えて、良い判断をしたい。」

質問: 「こんなに早く、ゴールキーパー問題、が解決したことに驚いたのでは?」
ヘーネス: 「こんな大事な試合の前に決定を下すなんて信じられない。確かにゴールキーパー問題は早く解決して欲しかった。だけど、土曜日に試合があってその前日の金曜日の午後に決定を下すなんて本当に信じられないです。日曜日に会うことだって出来たのだから。」

質問: 「この決定によってカーンがドイツ、バイエルンを去るかもしれないとあなたは考えますか?」
ヘーネス:「今全てを捨てる必要は彼にとっては無いですよ。2,3週間すれば、もし彼が今ショックを受けているとすれば、立ち直るでしょう。そして、あと2年間契約はバイエルンで残っているわけですから素晴らしいプレーを見せてくれるでしょう。カーンへのファンからのそしてマスコミからの励ましが来週は続くのではないでしょうか。」

質問: 「これでワールドカップはあなたにとって、面白くなくなるのでは?」
ヘーネス: 「それは無いですよ。ワールドカップへの楽しみは日に日に増すばかりです。我々はドイツワールドカップが成功するように協力するだけです。」

質問: 「最新のニュースで、バラックが正式にチェルシーからのオファーを受けているとの情報がありましたが。」
ヘーネス: 「私はバラックがチェルシーに移籍すると確信しています。」

質問: 「バラックの後釜にボロウスキーという話がありますが?」
ヘーネス: 「素晴らしい選手ですがバイエルンに来ることは無いと思います。」