presented by
Menu
ルンメニゲ会長:

「今までに見た最高の試合」

0‐4で敗れた試合の翌日、fcbayern.de はカールハインツ・ルンメニゲ会長に試合についてインタビューした。その際ルンメニゲ会長は、なぜバルセロナが今のところ世界最強のチームなのか、そして彼自身、バルセロナに魅了されたことを語った。「(試合に負けて)ぜんぜんガッカリしていない。むしろ試合をたのしんだ。」

ルンメニゲ会長とのインタビュー:

fcbayern.de:ルンメニゲ会長、バイエルンは昨日、世界最強のチームに敗れたのでしょうか?

カールハインツ・ルンメニゲ(以下ルンメニゲ):そのとうり。バルサが前半に我々に見せたサッカーは多分、私が今までに見たなかで最高の試合だったと思う。選手紹介のときに、名前が呼ばれた選手がグランドに入ってきたときは、胸の高鳴りを抑えることができなかった。この顔ぶれをそろえられたバルサには感嘆するばかり。今のところ世界最強だろう。

fcbayern.de:バイエルンがベストメンバーじゃなかったのは敗戦の理由になりますか?

ルンメニゲ:バルサみたいなチームと対戦するときは、みんな100%の状態じゃなければいけない。そしてもちろん、ベストメンバーで戦わなければならない。昨日はルシオとハーグリ‐ブスを欠いたし、ラームとシュバインシュタイガーは途中出場だった。もちろん0:4で負けたくはなかったけど、もう変えることはできない。親善試合だったのだから、結果をそんなに過大評価する必要はない。我々にとっては、今週の土曜日にニュルンベルクに勝つことの方が大事だ。

fcbayern.de:試合中何を考えていましたか? (大量失点して)つらかったですか?

ルンメニゲ:つらくはなかった。むしろ試合を楽しんだよ。バルセロナは前半最高レベルのサッカーを披露してくれたからね。本当にすごかった。

fcbayern.de:木曜日の夜にチャンピオンズリーグ第1ラウンドの組み合わせ抽選会がありますが、バイエルンは今回シードされていません。ということはバルセロナと同じ組にはいることになるかも・・・

ルンメニゲ:ウチがミラン、レアル(マドリード)やバルサみたいな強豪チームと同じ組に入ることはもうみんな知っている。今の段階ではバルサに勝つことは非常に難しいだろう。だけどウチより力の劣るチームも同じグループにいる。目標はグループリーグ突破だ(注:4チーム中上位2チームが決勝トーナメントに進む)。

fcbayern.de:ニュルンベルク戦にこの敗北の影響は出るでしょうか?

ルンメニゲ:ニュルンベルクのほうに影響があると思う。もちろん敵を侮ってはいけないけれども、ウチの選手は土曜日、絶対に勝って首位に立ちたいと思っているはず。だから大丈夫。

fcbayern.de:どうもありがとうございました。