presented by
Menu
難しいときだ

ヘーネス、“本当の出発”を感じとる

“FCバイエルン-栄光の歴史”をテーマに講演するために、より良い理由があった。レコードマイスターは目下のところブンデスリーグ順位表4位に位置する。タイトルは首位FCシャルケ04に勝ち点11遅れをとり、射程圏内ではないようである、そして同じく来シーズンのチャンピオンズリーグ参加も微妙である。

それにも関わらずヘーネスは講演を行なった。バイエルン・マネージャーは月曜夕方、バイエルン宮殿の宮殿ホールで政治界や経済界からの600人のゲストの前で話をした、そして戦闘的で楽観的に、“FCバイエルンの黄金時代”の時のような態度で振舞った。“私は自分自身のなかで怒りを感じる。私たちは今からの12ヶ月本当に全力を尽くす、私自身出発を感じる-それはとても興味深いものになるだろう”、とヘーネスは言った。

ヘーネス 追求する

55歳は現在の順位を“慣れないものだ”と表現した。今は難しいときだ。しかしヘーネスはその事に対して確実に栄光のある将来の計画のため、よい出口の状態であると見ている。“この状況は私たちに復活のチャンスを与えている、私たちは恐らく、私たちが想像していたよりも深く考えなければならない。”

現在の選手獲得計画ついての認識をヘーネスは聞き入れるつもりはなかった、“今のところ、法的に何もない。”そして監督についての質問も彼は立場を明確にしなかった。“誰が7月1日から監督になるのかを、今言ってしまうとチームに対してそれは間違った合図になるだろう。”彼はフランク・リベリーだけについて話をした。フランス代表との契約のチャンスは“今のところゼロだ。”

チャンピオンズリーグ敗退はFCバイエルンの命を奪わない

現在の選手について彼は“確実な自己満足”と、“だらだらした仕事ぶり”を確認した。“私たちはそれ以下に値している。それは私たち自身を困った事態に招き、その事に関して自らが気がつかなければならない。”フェリックス・マガトの解雇が必要だった、“恐らく私たちはその事に関して気づくのが遅すぎた。そのため、私は眠れない夜がたくさんあった。”

FCバイエルンがもしもチャンピオンズリーグの権利を逃がしたとしても、ヘーネスは眠れるだろう。“それは私たちにとって痛いものになるだろう、しかし私たちの命を奪うわけではない。名声については問題になるだろうが、FCバイエルンの経済面に関してそれほど妨げにはならないだろう。”ヘーネスは万が一、“王者級”の地位を今年獲得できなければ、1500万ユーロ、FCバイエルンの収入に損失がでると計算した。しかしながらまだシーズンはまだ終わりではない。ウリ・ヘーネスはいずれにせよ再び彼の攻撃的なモチベーションを見つけた。