presented by
Menu
ミラン‐FCB

ミランでの同点についてのコメント

バイエルンは欧州CL準々決勝第1戦2:2の後、当然上機嫌だった。“最終的に私たちは結果にとても満足できる”、とウリ・ヘーネスは言った。しかしバイエルンGMは警告もした:“第2戦私たちはより良い試合が必要だ。”

その事をオットマール・ヒッツフェルトも見ている。“ミランは長い時間より良いチームだった。より早く、そしてテクニカルで経験豊かなサッカーをしていた”、とバイエルン監督はコメント。彼は第2戦ヘーネスと同じように楽観的だ。“私は確信している:次に進める”、とヘーネスは意見を述べた。

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス: “私たちは長い時間とても苦しみ、異常なほど神経質でミランにたくさんのスペースを与えてしまった。最終的に私たちは結果にとても満足できるが、第2戦では確実により良い試合が必要だ。もし誰かが私に試合前に2:2のスコアを提供したらすぐに受け取っていただろう。ペナルティーキックについて私たちは議論する必要はない‐あれは信じられなかった。第2戦のチャンスは60:40だ。ミランはミュンヘン入りしなければいけないし、最低限1点を取らなければいけない。私は確信している:次に進める。”

フランツ・ベッケンバウアー: “ミランは75分間すばらしいプレーをしたが、その後衰えた。彼らは75分間全力でプレーし、とても早いテンポでプレーした‐そしてFCバイエルンの15分間がやってきた。75分過ぎ私たちのゴールが現れた。”

オットマール・ヒッツフェルト: “これはとても大事な結果だ。私たちはアウェー戦で2ゴールを決める事ができたのは非常にいい結果だ。ミランは試合終盤疲れきっていて、時間を気にしていた。彼らが90分間持ちこたえる事ができないのは予知できた。始めの20分間彼らは早いテンポでプレーした。私は、ベテランの選手を信頼できなかったことを驚いた。彼らは後半見ての通り持ちこたえる事ができなかった。私たちは前線へ行く際不必要にボールを失い、正確性に欠けた。私たちが戦う気持ちを見せたときに自分たちのゲームにすることができた。ミランは長い時間より良いチームだった。より早く、そしてテクニカルで経験豊かなサッカーをしていた。”

ダニエル・ファン・ボイテン: “難しい試合だった。私たちは何としても良い結果を獲得したかった。ペナルティーキックの際にポジティブだった点は:私たちは落ち込まず、強く踏ん張った。2:2の同点の場面ではボールが私の下へ来た‐そして私はDFとして長いこと考えなかった。”

カルロ・アンチェロッティ (ACミラン監督): “私は当然満足していない。最後に追いついた事でバイエルンは第2戦少しだけメリットがある。試合は実際ほぼ勝っていたが最後の10分間。最後でバイエルンがプレッシャーをかけた。ミュンヘンで勝つことはとても難しくなるだろう。”