presented by
Menu
ルンメニゲ:

タイトルなしでもレコード収入

タイトルなしの2006/07シーズンだがFCバイエルンに経済面でクラブ史上ベストイヤーをもたらしそうだ。“2005/6のレコード売上高は2億ユーロで今年は10パーセント強増しの2,2億ユーロだ。そして利益は100パーセント以上になるだろう。FCバイエルンは経済的に良い状態だ”、と代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは“ヴェルト日曜版”のあるインタビューの中で説明した。

レコードマイスターは豊富なクラブ収入をチーム改革に使用することができる。新しいスターとの契約には“とても多くのお金”が必要で投資しなければならない、とルンメニゲは土曜、有料テレビ“プレミエレ”の中でコメントした。“もし私たちのようにインターナショナルで見て回ると、大金がかかる。”

UEFAカップも同様に価値がある

ルンメニゲの意見では、10年ぶりに欧州CL出場を逃すことはFCBに少なくとも経済的には大きな損失をもたらさない。ブンデスリーガ3位として欧州CLに参加し約1,950万ユーロを得たとしても、その金額はUEFAカップでもそれ相応の試合の成功でほぼ獲得できるだろう。

“私たちはUEFAカップで自らを市場に出すことができる”、とルンメニゲは強調した:“FCバイエルンの試合を独占的に放送したいテレビ局の需要はとても大きい。”続けてルンメニゲは告げた:“私たちが来シーズン欧州CLにいない事は特にイメージ損失で辛い事だ。欧州CLは今やキングクラスだ。