presented by
Menu
コットブス-FCB

ラウジッツでのアウェー戦勝利のコメント

エネルギー・コットブスで3:0(2:0)と勝利した後、FCバイエルンのフロントと選手は当然満足だった。“チームは今日とても満足のいくゲームをした”、とウリ・ヘーネスは喜んだ。オットマール・ヒッツフェルト監督は以下のようにコメントした:“私は、私たちが私たちのファンを今日少しなだめることができたことを喜んでいる。”

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス: “チームは今日とても満足のいくゲームをした、特にゲーム展開。チームはよく走り、コットブスにプレーさせなかった。”

オットマール・ヒッツフェルト: “私は、私たちが私たちのファンを今日少しなだめることができたことを喜んでいる。私たちの目標は、満足のいく形でシーズンを終え、もう1度できる限りのプレーをすることだ。今日のゲーム内容は非常に良く、相手を完全に支配した。ディフェンス面でも全くゴールを割らせなかった、その結果バイエルンファンは満足することができただろう。”

マルク・ファン・ボンメル: “私たちは今日、いいサッカーができることを見せた-しかし今シーズンその事を度々見せられなかった。その為私たちはたくさんのポイントを失った。”

ペトリック・サンダー (コットブス): “私たちは少しいくらか違うことを想像していた。しかしシュタディオンが0:3の敗戦で祝われる事は、その前にいくらか特別なことが起こらなければいけない。チームは31試合ですでに目標を達成し、今いくらかリラックスすることができ、そしてファンと祝うことができる。5,6選手欠場で戦わなければならなかったバイエルンに対し私たちの限界が見てとれた。”

セルジゥ・ラドゥ (コットブス): “観衆に申し訳ない。私たちの最後のホーム戦でいいゲームをしなかった、しかし私たちのシーズン目標、一部リーガ残留、を達成した。”