presented by
Menu
改築中

FCB、新しいサービスと目印

聖霊降臨祭の日、ゼーベナー・シュトラーセにあるFCバイエルンのクラブ周辺はしばらくなかった静けさに包まれた。一人、二人のファンが訪れ、クラブハウスや普段は選手がトレーニングを行なうピッチを見学した。

ファンの為に改築

FCバイエルンはFCBの会員、ファン、顧客の為に改築する。“クラブの看板になるだろう、豪華絢爛な建物ではないが、現代的で機能的だ。ファンの為に”、とレコードマイスターのビッグプロジェクトを指揮するマンフレート・アンゲルマイヤーはコメントした。クラブハウス横に高さ100メートル弱の3階建てが建築される。建物の1階では、ファンと顧客は時代に即応したサービスセンターを利用できる。

ファンショップと地下駐車場

今までどおり1階に明るく、顧客に親切なFCB-ファンショップ、そして地下には約270台収納可能な駐車場が誕生する。話は変わるが、地下駐車場はクラブハウスとは直接繋がっていない。選手は将来、クラブハウス-駐車場間でファンのサインに応じる。

“私たちの改築は、過去10年間のビジネス発展から必要不可欠な建物の調整”、とアンゲルマイヤー は語った。1995年以来、クラブ会員の数は44.000 人から120.000人に増え、ファンクラブの数は1.100人から2.300人に増加した。

プラン通りに改築中

改築は昨年の11月にスタートした。セメント作業は建物の地下全体で行なわれ、地下駐車場の4分の1が作られた。1階、上階の壁もすでに完成している。11月中旬には建物の前面作業が終了し、2008年の3月中旬まで内部改築が行なわれる。2008年の4月下旬または5月初旬、新しい建物に移動する事ができる-クラブ会員とファン。皆が今すでに楽しみにする事ができる、とアンゲルマイヤー は意見を述べた:“新しい建物は、多くの人をひきつけ、今後30年間ふるさとになるだろう。”