presented by
Menu
“万能型の選手”

フランク・リベリー、“全て勝ちたい”

トレーニングキャンプではフランク・リベリーがチームメイトをからかう姿が見受けられる。しかし間もなくしたらリベリーがブンデスリーガやUEFAカップで相手選手をあしらうプレーが見られるだろう。クラブ史上最高の移籍金額を獲得したフランス代表は驚くほどの早さでFCバイエルンに馴染み、急ピッチで首脳陣の評価を高めた。“リベリーはブンデスリーガでアトラクションとなるのは間違いない”と早々とオットマール・ヒッツフェルト監督は予想する。“彼は信じられないくらい運動量があり、一人でも局面を打開できるし、パスでも相手を崩せる。そしてFKでも得点を狙える。本当に万能型の選手だね。”

内気とは無縁

“僕は恥ずかしがるタイプじゃないし、冗談も言うよ”と彼は彼への先入観を一掃した。ピッチ上では様々なテクニックを見せるプロ選手は、恥ずかしがり屋ではないとのこと。3戦3勝35得点と格下相手とのテストマッチではリベリーは試合ができる喜びをピッチ上で表現し、メーメット・ショルのように歓声が沸くプレーをみせた。“僕にとってサッカーは楽しみ。苦痛なんて全くないね”、とイスラム教に改宗したフランス人は自身のサッカーに対する信条を語った-バイエルンの試合の中で、彼はここ数年求められていたクリエティブなプレーを見せてくれるかもしれない。

同様にクローゼとW杯覇者ルカ・トーニとのコンビプレーもうまくいっている。3人で35得点中17得点を演出している-バイエルントリオはここFCバイエルンで融合することができるだろう。“一人はドイツ人、そしてもう一人はイタリア人。身振り手振りで意思統一するのは簡単なことじゃないよ。だけどね、もっとコミュニケーションをとることでコンビネーションが良くなるのは間違いないね”とリベリーはプレスカンファレンスで“通訳”のダニエル・ファン・ボイテンを通じて伝えた。ベルギー人の他に、ヴァレリアン・イスマエル、そして怪我のためまだ休養をとるウィリー・サニョールが芸術的なMFを全面支援している。

リベリー、全て勝つ

ヒッツフェルトは、水曜夜のスイス一部リーグ降格チームFCシャフハウゼンに4:0と勝利した試合に触れ、リベリーがチームにもたらした攻撃力を喜んだ。“ミロスラフ・クローゼとルカ・トー二は、お互いが一緒にプレーしようという意志を見せていたし、彼らは自分勝手じゃないんだ。お互いがお互いの位置を確認しようとしているからね。その点が私を最も喜ばせたところかな”とタイトルに飢えたリベリーにも期待をするヒッツフェルトは語った。

“大事なのは、僕らがUEFAカップで最後まで勝ち続けること。そしてリーガとカップ戦で勝つことだ。全部のタイトルを獲得する為に僕はミュンへンにやってきたんだ。その為に僕は自分の力を全てだすよ”とフランス人は誓った。チームメイトのマルク・ファン・ボンメルも彼のプレーに熱狂している。“サッカーのクオリティはこの世のものではないと言ったら大袈裟だけど、ほぼそれに近いものがあるよ。”