presented by
Menu
5選手が違和感を訴える

5選手、休養が必要

FCバイエルンのチームバスが土曜午後チーム宿舎“エーシュベルクホーフ”からトレーニング場に向かう際、いくつか空席が目立った。レコードマイスターの5選手が疲労を理由にドナウエッシンゲンでのトレーニングキャンプの午後練習を回避した。

その中には新加入選手フランク・リベリーが含まれる。フランス人は午前練習の後に大腿部の違和感を訴えた。同じような問題が若手のクリスティアン・レルやシュテファン・フュルストナーにも生じた。お互いにふくらはぎに違和感をえた。

この過酷なトレーニングでは当然の結果

ハミト・アルティントップも膝に痛みを感じトレーニングを休んだ。アキレス腱に問題があるマルク・ファン・ボンメルは金曜日のようにトレーニングを回避し大事をとった。“ここ数日間のハードトレーニングの影響だろう”とアシスタントコーチのミヒャエル・ヘンケはfcbayern.deの問いに答えた。5人組は午後、ホテル内でフィトネスコーチのトーマス・ヴィルヘルミの下で軽いリハビリを消化した。

5選手のなかで心配が必要な選手はいない、とヘンケは強調。しかしながら日曜のアルプシュッタットでのテストマッチで出場できるかどうかについてはまだ明らかになっていない。特にファン・ボンメルの出場については微妙だ。いずれにせよオランダ人と他の4人の出場の最終決定は恐らく明日の朝に行なわれるとのことだ。オットマール・ヒッツフェルト監督とコーチングスタッフは必要のないリスクを冒さないだろう。