presented by
Menu
トーニ、復帰

ヒッツフェルト、ポイント争いに意気込む

FCバイエルンのクラブ敷地内に木曜、滅多に見かけることのないぐらいの多くのファンが殺到した。約5千人のファンがトレーニング場の柵の周りに集まった。

ハンザ・ロストックとのブンデスリーガシーズン開幕2日前にして、レコードマイスターのファンの喜びは高まるばかりだ。オットマール・ヒッツフェルト監督もチケット完売のアリアンツ・アレーナでの昇格チームとの対戦に燃えている。“今から真剣勝負が繰り広げられる。そしてポイント争いが始まるんだ”とヒッツフェルトはプレスカンファレンスで語った。

トーニはすでに万全の状態?

バイエルンは開幕戦から自分たちの目標に向かって進むつもりだ。FWルカ・トーニが開幕戦に出場する可能性が十分にあるようだ。W杯覇者は怪我が完治し、チーム練習に合流。しかしヒッツフェルトは、トーニの土曜のメンバー入りについて慎重に考えるつもりだ。“万全の状態になるまでには、通常なら3、4週間のチームトレーニングが必要”とFCB監督は強調した。

ミロスラフ・クローゼは、彼のパートナーの復帰を心待ちにしている。“ルカが万全の状態になるまではもう少し時間がかかる”と旧ブレーメン選手はコメント。ルカ・トーニが怪我をしていた時、クローゼはプレシーズンではワントップとして最前線でプレー。彼の後ろには3枚のオフェンシブMFが並び、クローゼをサポートしていた。

ヒッツフェルト、選手起用心配なし

リハビリ中のヴァレリアン・イスマエル、ルーカス・ポドルスキー、ヤン・シュラウドラフとウィリー・サニョールを除いて、ロストック戦は欠場者なしになりそうだ。膝に打撲を負ったハミト・アルティントップと足首を痛めたホセ・ソサも土曜は出場できる見込みだ。“プレーできるはずだ”とヒッツフェルト監督はコメントした。