presented by
Menu
UEFAカップ・組合せ抽選会

FCバイエルン、長距離移動を覚悟する

ディスコボリア・グロヂスク・ヴィエルコポルスキ(ポーランド)、FK・ラボトニチキ・スコピエ(マケドニア)、ドロヘダ・ユナイテッドFC(アイルランド)、FCミドティランド(デンマーク)そしてFCミカ・エリワン(アルメニア)- 熱狂的なサッカーファンだけがこれらのチーム名を知っているだろう。

まもなく上記のチームと対戦する可能性があるために、オットマール・ヒッツフェルト監督の頭の中にはきっとこれらのクラブ名はインプットされているはずだ。“対戦相手が決まれば、それに(対戦相手に)合わせて用意するだけ”とバイエルン監督は金曜、モナコでのUEFAカップ・一回戦の組み合わせ抽選の前にコメント。

80チームでUEFAカップスタート

10年ぶりに欧州チャンピオンズリーグ出場権を逃したFCバイエルンには、UEFAカップでの冒険が待ち構えている。“どのチームが僕らの対戦相手になるか、皆楽しみにしているんだ”とフィリップ・ラーム。ドイツ代表DFは、バイエルンの選手のなかでもUEFAカップを経験したことのある僅かな選手の一人だ。(2004/05シーズン、VfBシュトゥットガルト在籍時)

一回戦参加の80チームは、抽選で地方別に8グループ(各10チーム)に振り分けられるため、ヒッツフェルト軍団には名のある対戦相手とではなく、アウェー戦のための厳しい移動が強いられることになる。最終的な組合せは木曜夜にある最終予選が終了後に決定することになっている。

初戦は9月20日

組合せ方式からいくと、ドイツのチーム同士の対決は一回戦では全く可能性がない。試合は9月20日と10月4日に開催される予定。10月25日から始まるグループリーグの組合せ抽選会は10月9日(12.00)にニヨンで行なわれる。一回戦を勝ち上がった40チームは、各5チームずつの8グループに振り分けられる。いずれもホーム・アンド・アウェー方式で行なわれ、グループ上位3位チームが次のラウンドに進むことになる。

そこで恐らくFCBは、ジロンダン・ボルドー、トッテナム・ホットスパーまたはACフィレンツェと対戦する可能性がある。その前の初戦の相手はFHKリエパヤス・メタルルグス(ラトビア)あるいはNKシロキ・ブリイェグ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)になるかもしれない。金曜の13:30にFCバイエルンの遠征先が決まる。