presented by
Menu
UEFAカップ抽選

FCB、UEFAカップ初戦・ベレネンセスに決定

10年ぶりに欧州CL出場権を逃したFCバイエルンは、ポルトガルでUEFAカップ初戦を戦う。ドイツレコードマイスターは第一回戦・CFオス・ベレネンセス・リスボンと対戦することが、金曜モナコでの組合せ抽選の結果分かった。

“抽選の結果には満足しているよ”とオットマール・ヒッツフェルト監督はコメントし、いずれもこの対戦の有力候補はFCBだと考えている。“ベレネンセスは完封しなければいけない相手だよ”と彼は対戦相手について語った。FCBはこれまで一度もこのチームと当地で戦ったことがない。

第一戦はアリアンツ・アレーナ

9月20日と10月4日に両クラブが初めて激突する。第一戦はFCバイエルンのホーム・アリアンツ・アレーナで行なわれる。“第二戦がホームじゃないのが残念だよ”とマルク・ファン・ボンメルは口にした。ヒッツフェルトもどちらかというと最初にアウェーで対戦したかったようだが、彼は確信する:“我々は相手を撃破することになるよ”と。この対戦の勝利者は、10月9日にニヨンで行なわれる抽選会でグループリーグに振り分けられることになっている。

“(この対戦で)長時間の移動がないから良かったよ”とヒッツフェルトは、チームが東欧の名のないクラブの下に遠征をしなくてもよくなったことを喜んだ。東欧遠征がないことについては抽選前に、トゥールーズFC (フランス)、アバディーンFC (スコットランド)、IFヘルシンボリ(スウェーデン)、ブラン・ベルゲン(ノルウェー)とベレネンセスらがドイツレコードマイスターの対戦相手となるかもしれないことが分かった時点で、すでに決まっていた。

バイエルン、集中して試合に臨む

FCバイエルンの代表としてモナコ入りした取締役役員カール・ホプフナーの目の前で、1946年を最後にマイスターになっていないポルトガル一部チームとの対戦が決まった。ベレネンセスは大胆に前線へと攻めてくると、ヒッツフェルトは相手の第一印象について語った。“彼らを侮るなどのことはない”ともコメント。

バイエルンは10年ぶりとなるUEFAカップに集中して臨む。目標は、5月14日にマンチェスターで行なわれる決勝と明確だ。