presented by
Menu
シュヴァイニー、負傷退場

ドイツ代表、ユーロ予選突破

ドイツ代表がドイツサッカー史上最速で欧州選手権本選の切符を勝ち取った- W杯(2006)3位のドイツはアイルランドでスコアレスドローに終わり、予選3戦を残して来夏にオーストリアとスイスで共同開催される欧州選手権出場を決め、予選通過一番乗りとなった。

主力の故障などで控え中心となったドイツ代表イレブンは肉弾戦となったこの試合で、ここまでの試合のような良い流れを持続できず。ケビン・キルベインとの衝突で前半18分にピッチを退くことになったバスティアン・シュヴァインシュタイガーの負傷退場が最後まで響いた。23歳MFは4cmの裂傷で7針を縫う負傷を負った。“もう大丈夫みたいだよ”とドイツ代表アシスタントコーチのハンシ・フリックはハーフタイム中に報告。

ポドルスキー、ジョーカーとして出場

シュヴァインシュタイガーのクラブチームメイトのマルセル・ヤンセンは80.000人の観衆で埋まったダブリン・クローク・パークで90分フル出場し、左サイドから数本の危険なクロスで好機を演出。逆にFCバイエルン同様にベンチスタートとなったルーカス・ポドルスキーは64分、マリオ・ゴメスに代り途中出場を果たした。“何度か見せ場を作り、ゴール前では危険だということを見せてくれた”と代表監督ヨハヒム・レブはポルディーの出来について称賛した。

フランク・リベリーを擁するW杯準優勝国フランスはフェロー諸島で6:0(2:0)と大勝。6分、リベリーの絶妙なアシストからニコラス・アネルカが先制点を奪った。2000年欧州選手権チャンピオンのフランス代表は水曜のリトアニア戦(ナント)と11月21日のウクライナ戦(ウクライナ)での2勝利で予選通過することになる。

強い霧がフランスの行く手を阻む

8076人の観客が詰めかけたフェロー諸島戦よりもフランス代表は現地入りに手を焼くことになった。フランス代表を乗せたチャーター機は金曜、強い霧のためにフェロー諸島に着陸できず。急遽フランス代表はノルウェーに宿泊することになった。フランス代表は待機後、キックオフ3時間半前にトルシャブンに無事到着した。

ルカ・トーニもイタリア代表とともに大事な一戦を勝利で飾った。W杯優勝国イタリアはジェノバで行なわれたグルジア戦、アンドレア・ピルロ(44.)とファビオ・グロッソ(84.)のゴールで2:0(1:0)と勝利。勝ち点23ポイントとなったイタリア代表はフランス代表(22ポイント)とスコットランド(23ポイント、ウクライナに3:1で勝利)と予選通過となる上位2枠を賭けて激戦を繰り広げる。トー二は90分フル出場を果たし、前半に放ったヘディングシュートはポストに直撃して先制ゴールとならず。しかしグロッソの得点をアシスト。

ファン・ボイテン、90分出場

ハミト・アルティントップを出場停止で欠くトルコ代表はモルドバで1:1(0:1)と引分け、3位ノルウェーに1ポイント差でC組2位。トルコ代表は水曜、イスタンブールで首位ギリシアと首位決戦を行なう。ダニエル・ファン・ボイテンのベルギーはフィンランドと0:0と引分け、予選通過は絶望的に。しかしこの中でもバイエルンDFは90分のフル出場を果たすことができた。

マルティン・デミチェリスもアルゼンチン代表とともにW杯南米予選で好スタートをきった。ファン・ロマン・リケルメ(27./45.+1)の2本のFKによりチリをホームで2:0と下した。デミチェリスはアルゼンチンのCBとして活躍し、好印象を残した。“勝利でスタートすることが大事だったからね”と“ミーチョ”はブエノスアイレスのモニュメンタル・シュタディオンでの試合後にコメント。アルゼンチン代表は火曜、マラカイボでベネズエラと対戦することになっている。