presented by
Menu
UEFAカップ前日、欠場者相次ぐ

FCB、リベリーとトーニ抜きでベオグラード入り

ミュンヘンでの今年初の寒波がFCバイエルンの主力選手を直撃- マルティン・デミチェリスの他、ルカ・トーニまでもがインフルエンザにかかり、木曜のUEFAカップ・グループリーグ初戦レッドスター・ベオグラード戦に欠場することになった。

チームが水曜朝、ゼーベナー・シュトラーセからミュンヘン空港にバスで向かった際にいくらかの空席が目立った。MFフランク・リベリーは負傷によりミュンヘンに残り、アンドレアス・オットルも胃腸のインフルエンザにより帯同を取り止めた。しかしながらMFオットルは木曜、現地に向かう可能性もありえる。ダニエル・ファン・ボイテンは大腿部の腫れのためにベオグラード入りできず。前日にはオットマール・ヒッツフェルトはベルギー人が出場できると確信していた矢先の欠場になった。

ラーム、実戦復帰

多くの欠場者がでるなかでフィリップ・ラームが9月上旬に膝を痛めて以来のメンバー入りを果たし、即実戦復帰となりそうだ。ヒッツフェルトは火曜のトレーニングの締めとして行なったゲームの中でラーム、ルシオ、クリスティアン・レルそしてマルセル・ヤンセンのDFラインをチェックしていた。

一回戦のオス・ベレネンセス戦で2ゴールを挙げたトーニの代りにルーカス・ポドルスキーが出場する予定。リベリーのポジションにはバスティアン・シュヴァインシュタイガーが入る。“残念ながら主力選手が欠場する”とオットマール・ヒッツフェルトはセルビアの首都に出発する前にコメント。“逆に言えば、ここ最近ベンチから虎視眈眈と出場機会をうかがっていた選手にとってはチャンスだよね。”

ルンメニゲ、バックアップを信頼

代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲはこう強調: “我々のベンチには良い選手が揃っているから、心配することはない。”期待のホープ・マッツ・フンメルスそしてトニー・クロースもベンチ入りすることになっている。一週間前からチーム練習に合流し、ボーフム戦でもベンチ入りしたヴァレリアン・イスマエルをヒッツフェルトは今回、メンバーから外した。

長いこと戦列を離れているウィリー・サニョールとオリヴァー・カーンがFCバイエルンに引続き欠ける一方で、レッドスター・ベオグラードはベスト布陣でこの一戦に臨めそうだ。ベスト布陣で戦える中でも、セルビアチームはブンデスリーガ首位チームに対し大いに敬意を払う。“非常に強いドイツチームに勝利するには、僕らはスピーディーに、そしてパーフェクトなサッカーを展開しなければならない”とコロンビア人の司令塔マウリシオ・モリーナは語った。