presented by
Menu
代表戦

アルティントップ、本大会出場を賭けて最終戦を戦う

カウントダウンがスタート- 水曜にはオーストリアとスイスで共同開催されるEURO2008まで残り199日と迫る。すでに本大会出場枠16のうち12カ国が出場決定。明日行なわれる予選最終節で残りの4カ国が決まる。FCバイエルンにも最終節で本大会出場がかかる大一番を迎える選手がいる: ハミト・アルティントップ。

アルティントップ率いるトルコはイスタンブールでボスニア・ヘルツェゴビナと対戦する。この一戦の勝利でトルコは自力で本大会出場を決めることになる。トルコはグループCの2位で勝ち点1ポイントの差でノルウェーを上回る。彼らがグループ最下位のマルタで勝利することが考えられるだけにEURO2008の出場権を獲得するにはトルコは絶対に勝たなければならない。

アルティントップ、EURO2008へのキーマン

ファティ・テリムは前節ノルウェーで2:1と勝利を飾りEURO2008に王手をかけたチームにボスニア・ヘルツェゴビナを侮ることを警戒させ、ノルウェー戦のような“素晴らしいパフォーマンス”を要求した。“まだ我々はEURO2008には辿りついていない。まだ90分プレーしなければならないんだ。”ボスニア・ヘルツェゴビナとの第一戦でトルコは2:3と敗れている。

立て続けにEURO2004とW杯2006の本大会出場をトルコは逃している。“このような状況を再び経験してはいけないし、経験することもない”とテリムは予選最終節に自信をもって臨む。この一戦でノルウェー戦のようにハミト・アルティントップが勝利のキーマンとなりそうだ。“彼は忠実な選手でスタミナもあり、ゴール前でも危険な選手”とテリムは予選10試合で2得点2アシストのFCBMFを称えた。

トーニ、リベリーとグループ1位を競う

ミロスラフ・クローゼ、ルーカス・ポドルスキーそしてフィリップ・ラームらのウェールズとの代表戦(フランクフルト)でのゴールが期待される。ドイツ代表監督ヨハヒム・レブはポドルスキーが再び左サイドハーフとして出場することを示唆。すでに本大会出場を決めているドイツ代表は、他会場で行なわれるチェコとグループDの1位を賭けて戦う。ウェールズ戦での勝利で(クローゼ: キプロスよりもウェールズは力が劣る。“)ドイツ代表は勝ち点が同ポイントのチェコを追い越して一位になる可能性がある。チェコは最終節でキプロスと対戦する。

グループBではルカ・トーニとフランク・リベリーがグループ1位を賭けて戦う。イタリアは前節終了時点でフランスに勝ち点1ポイント上回り、グループ1位。リベリーを擁するフランスはウクライナで最終戦を戦い、トーニの“アズーリ”はフェロー諸島と対戦する。万一、両チームの勝ち点が同ポイントになった場合は、直接対決(3:1と0:0)を制しているフランスがグループ勝者となる。両チームとも本大会出場をすでに決めている。

無敗のアルゼンチン

ダニエル・ファン・ボイテンのベルギーはオーストリアとスイスでプレーすることはない。“赤い悪魔”にとってアゼルバイジャンとの最終戦はベルギーの今後を担う一戦となる。グループA5位のベルギーはすでに予選敗退が決定している。

ヨーロッパでEURO2008の最後の出場枠が競われるなか、南米ではすでに南アフリカW杯2010に向けて熱い戦いが繰り広げられている。マルティン・デミチェリスはW杯予選第4節でアルゼンチン代表とともに4勝目を挙げるつもりだ。しかし敵地コロンビアでミーチョを難関が待ち受けている。一つにはホームチームがアルゼンチン同様にここまで無敗(1勝2分)、もう一つには試合会場ボゴタが標高2.600mと高地でのゲームを強いられる。

ルシオ、試合観戦

この条件のなかでもアルゼンチンはこの一戦の本命馬として試合に臨む。デミチェリスの献身的な守備もあり、アルゼンチンはここまで無失点。“ミーチョ”はコンスタントに高いレベルでプレーしてくれていると代表監督アルフィオ・バシーレもFCBのCBを称賛。“彼を選出したことを喜んでいる。何人かテストしたんだが、彼はその中でも私をプレーで納得させたよ。”

デミチェリスとFCBでCBのコンビを組むルシオは逆に累積で出場停止のため、ブラジル代表がサンパウロでウルグアイと対戦するときには出場できない。ペルーでの痛いドロー後(1:1)に強いプレッシャーを受けるセレソンは第4節、最大のライバルのアルゼンチンを見失わないためにも何が何でも2勝目を奪うつもりだ。