presented by
Menu
“ドクター”のアドバイス

ヒッツフェルト、チームに休養を与える

2千人を超すファンが日曜午前、ゼーベナー・シュトラーセに訪れた。しかしお目当ての選手を十分には観ることができず。昨日フランクフルト戦にスタメン出場した選手はピッチを数周してクラブハウスに引き揚げた。リベリーや他の選手らはクラブハウスで柔軟そして体のケアに時間を割いた。

“フランクフルト戦は多くの力を消耗する一戦となった。最初から最後まで我々は速いテンポでプレーしたから”とオットマール・ヒッツフェルトはプレスカンファレンスで報告。選手の疲労を考慮してFCB監督は、当初のトレーニングプランの変更を決意。

45時間以内に2試合

“選手は月曜OFFになる。リフレッシュするためにね”とヒッツフェルト。彼はチームドクターのハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファートの助言もあり、前夜に月曜をOFFにすることに決めた。

この決断に至ったのは間違いなく今週の試合日程の過密さが原因となる。バイエルンは木曜、ボルトン・ワンダーズ(UEFAカップ)をホームに迎え、45時間も経たぬまに敵地VfBシュトゥットガルトで戦わなければならない。体力の充電がこの連戦を乗りきる鍵となる。