presented by
Menu
VfB - FCB

今シーズン初黒星のコメント

公式戦24戦不敗の記録は途切れた- FCバイエルンはシュトゥットガルトでの一戦、敗戦チームとしてピッチを去った。“シーズンの間にいつかはどこかでつまずくことがあることは明らかだった”とオリヴァー・カーンは1:3の敗戦後に冷静に振返った。“我々が最後にマイスターになれば、この試合について語るものはいない。”

コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ: “今週は良くない週だったね。木曜にはUEFAカップで勝つことができず、今日は今シーズン初めて敗戦することになった。2、3週間前からこのようになるような問題を抱えていたんだ。今はエネルギーを蓄えて、再び反撃することが大事だ。”

フランツ・ベッケンバウアー: “相手を勢いづけさせるなど、良いところのない日だった。前半の我々のプレーでは、サッカーをすることはできない。競合いを避けていたら、もちろん勝利には繋がらない。たくさんのミスが0:3を招いたと言っても過言ではない。ルシオの退場後にはすでに試合は終わっていた。FCBに欠けていたプロとしての試合に臨む意気込みがVfBはあったよ。”

オットマール・ヒッツフェルト: “始めの15分間、アグレッシブさに欠けていた。我々はテクニックだけで勝とうとしていたんだ。シュトゥットガルトでの一戦はとても難しいものになると分かっていたから、尚更私は競合いに受け身の状態だったことが理解できないんだ。ディフェンスラインはバラバラ、攻撃は存在しなかった。それで失点を喫することになったんだ。0:2の後にやっと我々は目覚め、いい時間帯や一点差と迫るゴールを決める感じもあった。そこで一点獲ることができていれば、また変わっていただろうね。しかし0:3となってからはとても難しかったよ。”

オリヴァー・カーン: “我々は前半、無気力だった。競合いには行かないし、勝てもしなかった。この試合にかける意気込みが感じられなかった、これでは何も得ることができない。14日間体を休め、もう一度反撃するつもりだ。試合をしっかり分析し、話合いをしなければならない。まだ我々は首位だから、落着くことが大事。シーズンの間にいつかはどこかでつまずくことがあることは明らかだったことだしね。我々は一敗を喫してしまったけどこの敗戦からまた学ばなければならないんだ。我々が最後にマイスターになれば、この試合について語るものはいないよ。”

アルミン・フェー (VfB-監督): “チームは前半非常にいいゲームをしてくれた。我々は最初からアグレッシブにプレッシングサッカーをしようと思っていったんだ、そうでなければバイエルンには勝つチャンスはないからね。これが前半にはとてもうまくいったよ。”