presented by
Menu
ドイツカップ3回戦

FCバイエルン、ヴッパータールで8強を賭けて戦う

ドイツカップ・3回戦の対戦相手決定- FCBは抽選の結果、3回戦で初戦のヴァッカー・ブルクハウゼン同様にリギオナルリーガのヴッパーターラーSVボルシアと対決することになった。

“FCバイエルンがヴッパータールで本命馬なことは明らかなこと”とオットマール・ヒッツフェルトは抽選結果の後にコメント。“しかし我々は少なくともブルクハウゼン戦以来、完売になったシュタディオンで戦う下位リーガのチームがFCバイエルン相手に一年で一番の試合ができるということを知っている。”

ヴッパーターラーはここまでセンセーショナルを巻き起こせる良いチームだということを証明している。初戦の2部リーガ・FCエルツゲビルゲ・アウエ相手に4:3と延長戦の末に勝利を飾り、2回戦ではブンデスリーガ暫定8位のヘルタBSCを2:0でシャットアウトした。“しっかり集中して試合に臨めば、我々は勝てると思う”とヒッツフェルトはコメントした。“我々はベルリン(決勝)に行くつもりなんだ- ヴッパーターラーSVは我々を止めることはできないよ。”

抽選前までFCシャルケ04との地域ダービーを願っていたヴッパーターラー監督ヴォルフガング・ジェラットだが、FCバイエルンとの対戦にも満足していた。カップ戦最多優勝を誇るFCバイエルン相手に“より難しい相手”と対戦することになった。しかし“バイエルン・ミュンヘンとある大会で対決できる喜びはとても大きいし、ヴッパータールと我々にとっては挑戦だよ。”

FCバイエルンがヴッパータールで試合をしたのが2004年の1月。ミュンヘンは旧1部ブンデスリーガのヴッパーターラーとスタディオン・アム・ツオーでフレンドリーマッチを行ない、5:3と勝利している。あれから4年後、再戦となる。北部レギオナルリーガの2位とブンデスリーガのトップチームとの対戦は、2008年1月29日または30日に行なわれる予定。