presented by
Menu
バイエルン - デュイスブルク

デュイスブルク戦スコアレスドローのコメント

ゲームを圧倒的に支配するがチャンスをものにできず- これがMSVデュイスブルク戦で0:0という結果に繋がった。オットマール・ヒッツフェルトは試合後、“結果には当然満足していない。前期優勝を決めたかったんだ。しかし自業自得だ”ともコメントしている。特に前半の出来には満足していなかった。“勝とうという情熱がないままにプレーし、選手はテクニックだけでゲームを決めようとしていた”と彼は不満を呈した。

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト: “結果には当然満足していない。前期優勝を決めたかったんだ。しかし自業自得だな、始めのチャンスを決められなかった後は自分達で自分達の首を絞めたようなものだ。その後は相手のディフェンスは時間の経過とともにより確実、そして安定してきた。デュイスブルクは9人でしっかり守り、我々は相手のスペースそれにディフェンスの要塞を崩す手段がみつけることができなかった。終いにはパスの精確性を欠き、ミスパスが多くなった。前半の出来は満足のいくものではなかった。そこでは選手はテクニックだけでゲームを決めようとしていたんだ、こうなるとゲームのなかでの運動量は少なくなるし、動きのないなかでのプレーが増えた。後半はある程度出来ていたし、やろうという情熱もみられた。相手に圧力をかけること、相手のペナルティーエリア内でプレーすることなど全てを試みた。しかしチャンスをものにできなかった。デュイスブルクは引分けに値する出来だったと思う。勝ち点2を失うことは痛いが仕方がない。”

ルドルフ・ボマー (デュイスブルク監督): “一人少ない状況で私の選手は良く闘ってくれた。我々は何一つ失うものはなかったし、プレッシャーはバイエルンの方にあったはずだ。とてもコンパクトにディフェンスをして一試合を通じてどの場面でも戦い抜いたし、前線にもうまく攻めることができた。幾つかの場面では運もあったけど、ここ(アリアンツ・アレーナ)から勝ち点を奪うには運も必要だ。勝ち点1に値する闘いができた、レッドカードはもちろん痛かったが、それで勝ち点1を奪ったようなものだ。”