presented by
Menu
アルミニア - バイエルン

ビーレフェルトでの勝利のコメント

1:0で勝利し、首位の座をキープ- FCバイエルンはアルミニア・ビーレフェルトのアウェー戦から満足して帰途につくことができた。“大事な勝ち点3ポイントだった”とバイエルンの得点者フランク・リベリーは述べた。オットマール・ヒッツフェルト監督はこうコメント: “少し疲労もあり、始めは我々のリズムを掴むのに時間がかかった。試合時間が経過するにつれて、チームの状態が良くなった。”

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト: “難しい一戦だったね。試合に入るのもとても難しかったし、競り合いに行くにも時間がかかった。20分後にやっと試合に入ることができ、競り合いでもアグレッシブに行き、より統一されたDFはビーレフェルトにチャンスを全く与えなかった。しかしボールを失う回数がとても多く、我々のカウンターの精度も良くなかった。本当なら2:0としなければいけなかったんだが・・・。ビーレフェルトの選手は闘争心でセンセーションを巻き起こすことができると信じていた。(闘争心については)我々よりも上だったね。少し疲労もあり、始めは我々のリズムを掴むのに時間がかかった。試合時間が経過するにつれて、チームの状態が良くなった。”

フランク・リベリー: “勝ったことは嬉しいよ。大事な勝ち点3ポイントだったからね。だけど(勝つことは)簡単ではなかったし、ビーレフェルトはとても良いチームだ。”

エルンスト・ミッデンドープ (アルミニア監督): “この一戦は最後まで均衡してハラハラさせるものだった。我々の方からみれば全てがうまくいったと思っている、ガッカリはしていないよ。今の状態をこれからも続ければ、今後の試合で勝ち点を獲ることができるだろうね。”