presented by
Menu
ヘルタ - バイエルン

FCバイエルン、前期優勝のコメント

敵地ヘルタBSCベルリンで0:0と引分けて勝ち点1を獲得したFCバイエルンはヘルプストマイスターに輝いた。“(ヘルプストマイスターは)シーズン前の目標でもありこれを達成することができた”とウリ・ヘーネスは満足気に語った。FCBマネージャーはベルリンでの試合に関しても批判することは少なかった。“多くの時間帯で我々は試合を制していた。しかしながら我々は得点機をゴールに繋げることができなかった。”決定力についてはオットマール・ヒッツフェルトも不満を呈した。“良いコンビネーションに加え、ペナルティーエリア付近でとてもいいプレーが出来ていた。ペナルティーエリア内ではボールを持ちすぎてしまった”とバイエルン監督。

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス: “多くの時間帯で我々は試合を制していた。しかしながら我々は得点機をゴールに繋げることができなかった。我々はヘルプストマイスター、これはシーズン前の目標でもありこれを達成することができた。ウィンターブレイク中に1月下旬そして2月上旬に8、9月のようなパフォーマンスがだせるようにしっかり準備することになる。”

オットマール・ヒッツフェルト: “我々は単独で首位に立つ為に勝ち点3を獲得するつもりだった。残念ながらそれは達成できず勝ち点1だけを得ることになった。だけど我々はヘルプストマイスター、これは我々の目標だった。これでいくらか落ちつくことができることを望んでいる。今日はとても良いゲームができていて、相手を制し、得点チャンスも十分にあった。良いコンビネーションに加え、ペナルティーエリア付近でとてもいいプレーが出来ていた。ペナルティーエリア内ではボールを持ちすぎてしまった。そこでもっと断固としてシュートにいくことができていれば、確実に何点かとれていたはずだ。”

マルク・ファン・ボンメル: “僕らは一位、だけど何ポイントか欠けているよね。”

ルシアン・ファブレ (ヘルタ監督): “まずはバイエルンのヘルプストマイスターにおめでとうと言いたい。我々は3連敗した後に何が何でもポイントを獲りたかったんだ、そのためにたくさん走り、闘ったんだ。私はチームの出来に満足しているし、全力を尽くしたよ。”