presented by
Menu
レギュラー定着

アルティントップ: 「タイトルを獲りたい」

ハミト・アルティントップが一人の人間を信頼するのであれば、それは双子の弟ハリルだろう。2003年にプロの世界に飛び込むまで二人はお互いジュニア時代から一緒にプレーしてきた。ハミトはFCシャルケ04、10分後に産まれたハリルは1.FCカイザースラウテルンへと2006年にシャルケで一緒にプレーするまでは別々の道を歩む。

昨夏にハミトがFCバイエルンに移籍して以来、お互い再び別々の道を歩むもの、彼らの関係は変わることはなかった。お互いに普段はよく電話をし、クリスマス時にはこれまで以上にコンタクトをとる機会をえた。ハミトは4日、「家族が住むゲルゼンキルヘン、その後は弟と少しばかり休養するためにイスタンブールに行ってきたんだ。お互いに語りあうことがたくさんあり、電話ではなかなか話せないこともあるからね」とゼーベナー・シュトラーセで語った。

移籍金なしでもレギュラー定着

ハミトは数多くのことがあった半年を振り返る。シャルケから移籍金なしでミュンヘンにやってきて、彼をFCBのレギュラーとして予想する専門家はごく僅かだった。ウリ・ヘーネスはプレシーズン中に「彼がサプライズになると思っている」とコメント。バイエルン・マネージャーの予感は見事に当たることになる。

アルティントップは12月上旬の半月板手術までバイエルンのプロ選手としては唯一リーガカップを含む全公式戦(リーガ、カップ戦)に出場し、ブンデスリーガでは3ゴール、UEFAカップでは一得点を挙げた。ゲルゼンキルヘン生まれのハミトは右サイドハーフのポジションを手中にした。

アクティブな休養を取り入れる

25歳は「最初の半年はうまくできたと思うけど、まだまだだよ」と述べ、「全てのタイトル、マイスター、UEFAカップそしてドイツカップを今シーズンFCBとともに獲得したいんだ」とも続けた。トルコ代表でもあるハミトは夏にヨーロッパ選手権でプレーすることになる。

オットマール・ヒッツフェルト監督が3冠獲得に向けチームとともに始動する場に最初から参加するためにハミトは休暇中も休んでばかりいられなかった。ハミトは「しっかり休むことができたよ、だけど最後にはトレーニング始動日から全力でいけるようにいくらか体を動かした」と報告。

アルティントップ、トレーニング始動日から合流

彼は5日、リハビリコーチのトーマス・ヴィルへルミが見守る中、昨年手術を行った右膝のテストを消化した。彼は「全て順調だね。痛みもないしね」とコメントし、こう強調:「今日のメニューを全て消化することができたし、問題なかった。月曜からチーム練習に合流するよ。」ハミトがトレーニング参加することについてきっと双子の弟ハリルも喜んでいるだろう。